NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
電子レンジでポーチドエッグを作ろうとした女性 顔中に熱湯を浴び「二度と卵は食べられない」(英)

電子レンジでポーチドエッグを作ろうとした女性 顔中に熱湯を浴び「二度と卵は食べられない」(英)

  • Techinsight
  • 更新日:2021/07/22
No image

「出産をも上回る、人生で最悪の痛みでした。もう二度と卵は食べられない」―そう話すイギリス在住の女性は、 “電子レンジで簡単にポーチドエッグを作ることができる”とネット上で話題になっていたライフハックを自宅で行ったところ、熱湯を浴びてしまい顔に大やけどを負ってしまった。その詳細を『Manchester Evening News』などが伝えている。

英グレーター・マンチェスターのボルトンに暮らすシャンテル・コンウェイさん(Chantelle Conway、25)は今月2日、電子レンジでポーチドエッグを作っていた際に、のちにトラウマとなる出来事に見舞われてしまった。

シャンテルさんはケトルで沸かしたお湯をコップに注ぎ、その中に卵を割り入れると電子レンジで約10秒加熱したという。そして温め終わった卵を確認するため冷たい金属のスプーンを入れた瞬間、熱湯が弾け飛び、コップの真上から中を覗いていたシャンテルさんは、顔中に熱湯を浴びてしまったのだ。

シャンテルさんは当時の惨状をこのように振り返っている。

「私はこれまでに自然分娩で2度の出産を経験していますが、それでも人生で最悪の痛みでした。ずっと誰かが私の顔に炎を吹き付けているかのような痛みで、顔全体にやけどを負ってしまったのだと確信しましたね。」

「熱湯を浴びる前に瞼を閉じることができたので、失明せずに済んだのは本当にラッキーだったと思います。しかし瞼にもひどいやけどを負ってしまい、もしすぐに冷水で冷やしたりしていなければ、あまりの痛みに耐えきれず死んでしまっていたかもしれません。本当にどうにもならないような激痛でした。」

シャンテルさんは当時、いとこのステファニー・リーさん(Stephanie Leigh、28)とFaceTimeでビデオ通話をしていた。シャンテルさんが熱湯を浴びた際の恐ろしい悲鳴を聞いたステファニーさんは、のちにこう語っている。

「シャンテルとは毎日FaceTimeをしています。彼女はその日、お茶や砂糖が入っている入れ物の上に携帯を置いて通話していました。そして突然、画面上に何かたくさんの物が宙に舞う様子が映ったんです。それから彼女の悲鳴が聞こえましたが、何があったのか話すこともできない状態だったので、私はケトルが爆発して彼女の顔に当たったのだと思っていました。」

当時、長女のリリー=ローズ・ボールちゃん(Lilly-Rose Ball、5)は学校に行っており、シャンテルさんは自宅に1歳半のハイディ=リバー・ボールちゃん(Heidi-River Ball)と2人きりだった。さらにシャンテルさんはあまりの痛みで動けなかったため、助けが来るまで1時間近くかかってしまったそうだ。

その後、連絡を受けた元パートナーのマーク・ボールさん(Mark Ball、34)が急いで駆けつけ、車で病院に急行した。マークさんが来るまでの約1時間、シャンテルさんはずっと患部を冷やし続けていたという。

病院で診察を受けると、スタッフは「熱湯を浴びたあとすぐに冷水で冷やしたことが幸いし、III度のやけどを免れました」とシャンテルさんの素早い判断を称賛した。

シャンテルさんはこれまで約2年間、日常的に電子レンジでポーチドエッグを作っていたが、今回のような事態は一度も経験したことがなかったという。

電子レンジで卵を温めると爆発するというのは既知の事実だが、最近では爆発しない調理方法などがネット上でシェアされている。しかしその中には素人が発信しているものもあり、危険な方法が野放しになっている場合もある。シャンテルさんは長年続けていたので自分の腕を過信してしまっており、このような惨事になるとは想像もしていなかったようだ。

「当時上の子は学校にいて、下の子は別の部屋にいたので、私が熱湯を浴びる瞬間を見ていなかったのは幸いでした。でも子どもはやけどを負った私の顔が嫌なようで、ある日『ママの顔好きじゃない』と言われた時は、胸が張り裂けそうな思いでした。」

そのように沈痛な思いを打ち明けたシャンテルさんは、自身のTikTokで今回の事故の詳細ややけどの回復の様子をシェアし、注意を呼びかけている。

「当時の様子がフラッシュバックするので、料理もできない状態です。卵は大好きでしたが、トラウマなので二度と卵は食べられないです。」

「今回のことは自分に責任があると承知していますが、本当に愚かなことだったと思います。これまで卵を電子レンジで温める動画をTikTokでたくさん目にしてきたので、多くの人に何が起こるのかを知ってもらいたいです。そして同じ悲劇が起きないように、できれば電子レンジでポーチドエッグを作らないようにしてほしいですね。」

画像は『Manchester Evening News 2021年7月15日付「‘Traumatised’ mum vows never to eat an egg again after microwave poaching hack leaves her with burns」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加