哀川翔、溺れた子どもを救出

哀川翔、溺れた子どもを救出

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/23
No image

俳優の哀川翔(59)、女優の剛力彩芽(28)が23日、都内で行われた公開中の映画「新 デコトラのシュウ 鷲」“大ヒットよろしく舞台あいさつ”に登場した。

哀川が義理人情に厚いトラック運転手・鷲一郎を演じるコメディー「デコトラの鷲」シリーズの第6弾。演歌歌手・すずめ(剛力)に一目ぼれした鷲一郎は、別れた父親を探している彼女のために奮闘する。

哀川は「和気あいあいとした現場で、楽しく撮影できた。少しでも温かい気持ちになれる作品になれば」と期待を込めた。

剛力は「コメディーは見るのも演じるのも好き」といい、「皆さん真面目にやるので、それが逆に面白かった。(笑いを)耐えられない時も何回もあった。楽しかった」と笑顔で振り返った。

物語にちなみ、“最近、人を助けたことは?”との質問が。哀川は「熊本の白川水源に行った時に、水を見ていたら“ちゃぽん”って音がした。子どもが落ちていて、沈んでいったのが見えた」と、ヒヤリとする場面に出くわしたことを回想。「その場にお母さんがいなくて、僕が手をつかんで“ひゅっ”と上げたら軽く上がった。ちょうどお母さんが帰ってきて、僕が『今、子どもが落ちていたよ』って。危なかった。誰もいなかったら大変よ」と救出エピソードを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加