岸本加世子 向田邦子さんに感謝「出会わなかったら続けてこられなかった」

岸本加世子 向田邦子さんに感謝「出会わなかったら続けてこられなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

岸本加世子

女優の岸本加世子(60)が14日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、40年前の1981年に飛行機事故のため51歳で急逝した名脚本家・向田邦子さんから受けた恩に感謝した。

岸本はTBSドラマ「源氏物語」(80年)で向田作品に初出演。向田さん晩年の代表作であるNHKドラマ「あ・うん」(80年)、「続あ・うん」(81年)で「向田先生のご自身とされる役」を演じた他、TBSドラマ「幸福」(80年)にも出演。晩年の向田作品に欠かせない存在だった。

プライベートでも親交が深かった岸本は「俳優さんの好き嫌いもはっきりされてましたけど、でも、俳優さんに対する愛情のまなざしというのが…ものすごく俳優陣を愛情豊かに見守ってくださった方です」、「向田先生に出会わなかったら女優は続けてこられなかっただろうなと、それは今でも感謝しております。女優さんとか演技とか、そういうものがどれだけ素晴らしいものかというのを教えてくださったのが向田先生なので」と、その深い恩に感謝した。

また、「向田先生の小説ももちろんなんですけど、エッセイもそうですけど、ドラマが本当にステキでした。台本が届くのが楽しみで。どんなふうに展開していくんだろうって」と、出演俳優から見た向田作品の魅力も語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加