美 少年・浮所飛貴『胸が鳴るのは君のせい』で徹底的な役づくり

美 少年・浮所飛貴『胸が鳴るのは君のせい』で徹底的な役づくり

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/04/07
No image

制服姿がまぶしい! - (C) 2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

浮所飛貴ジャニーズJr.美 少年)が主演、白石聖がヒロイン役を担う映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)で、主人公の有馬隼人を演じる浮所が、「やるならとことん徹底的に詰めたいと思って取り組みました」と役について熱い思いで挑んだと語った。あわせて、有馬とヒロイン・篠原つかさ(白石)の姿を捉えた場面カットが公開された。

原作は、累計発行部数250万部を突破する人気同名コミックス。転校生の有馬と、親友のように仲良しのつかさによる恋愛を描く。浮所にとって本作は映画初出演にして初主演作となる。

2020年10月に撮影が行われた本作。飛貴演じる有馬は、普段はクールで飄々としているが、男友だちとの他愛もない会話で笑顔を見せることもあれば、ふとした瞬間につかさに対して優しい表情を見せる。クールさと明るさのさじ加減がカギとなる役どころのため、カットがかかるたびに浮所は監督に声のトーンや表情、顔の向きや体勢、歩き方まで細かく相談をし、監督と二人三脚で役をつくりあげた。

また、浮所は「自分がどう映っているか第三者の方に観ていただくことも大切だけど、自分自身の演技を観ることで成長できることもあると思う。自分の演技を観て、違うなと思った部分があれば監督にお願いしてもう一回撮らせていただいたり、やるならとことん徹底的に詰めたいと思って取り組みました」と並々ならぬ熱量で挑んだ。

No image

白石聖 - (C) 2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

一方、白石が演じるつかさは、有馬に告白しあえなく玉砕してしまうも、決して諦めずに有馬を一途に思い続けているヒロイン。白石は、「少女マンガの王道のヒロインというよりも、かっこいいヒロイン。フラれても有馬を一途に思い続ける姿は、『ロミオとジュリエット』の逆バージョンに見えました」と自身の役を分析。撮影中、白石は重要なシーンでは気持ちを切り替え、少し離れたところでじっと集中力を高めていたという。

さらに、24日より、全国合計2万枚限定の特典付きムビチケ前売券が発売となる。有馬とつかさの恋する表情を収めたオリジナルクリアファイルが特典として配布される。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加