プロテインは二日酔いにもいいってホント?プロテインのウソ・ホント

プロテインは二日酔いにもいいってホント?プロテインのウソ・ホント

  • MELOS
  • 更新日:2022/11/29

筋トレやダイエットのみならず、健康・美容目的でもプロテインの需要はどんどん高まっています。しかし、注目度が高くなると生じやすいのが“誤解”。

今回は、プロテインにまつわる噂の“ウソ・ホント”について、イギリスのスポーツブランド「マイプロテイン」のレポートから解説します。

Q.プロテインは運動をしない人は飲まない方がいいってホント?

A.ウソ!

まず、プロテインは運動をしない人は飲まない方がいいという噂について。これは、“ウソ”。

同社によれば、たんぱく質は体の多くの部分をつくる栄養素であるため、不足すると全身に影響が出ることもあるそう。プロテインを活用することで、たんぱく質を補給でき、筋力低下や肩こり・腰痛など、日常生活で感じる体の不調を改善できる可能性があるといいます。

1日に必要なタンパク質量

個人差がありますが、18歳以上の女性であれば、約50gが推奨摂取量の目安になります。白ご飯の場合、1日およそ13杯。鶏むね肉の場合、1日およそ300g を食べる必要があります。

No image

これはかなりキツイ! おまけに太りそうです。というわけでプロテインドリンクの出番。低糖質で低脂質、低カロリーのものが多いので、普段の食事にプラスしてプロテインを活用することで、効果的にタンパク質を摂取することができます。

ちなみに運動してない人は、自分の体重(kg)×0.8g(※活発に活動をしていない人の場合)が、1日に必要なタンパク質量の目安だそう。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書

Q2.プロテインを飲むだけでムキムキになるってホント?

A.ウソ!

次に、プロテインを飲むだけで“ムキムキ”になってしまうってしまうという噂。これも“ウソ”です。

ボディビルダーの筋肉は、厳しいトレーニングと食事制限の賜物。プロテインを飲むだけで簡単につくものではありません。日々のタンパク質を補うドリンクとして、安心して適量を飲んでください。

むしろ、プロテインを飲むとムキムキになるのなら、これほどうれしい話はありません。

Q3.プロテインを飲むと太るってホント?

A.ウソ!

さらに、多くの人が気になっているであろう、プロテインを飲むと太るという噂。これも“ウソ”です。

プロテインで太る場合、運動もせず、筋肉への刺激が足りない状態で大量に飲んでいることが考えられるといいます。

人は食事時にカロリー摂取と同時に「食事誘発性熱産生」というカロリー消費も行っています。タンパク質は、この値が炭水化物や脂質よりも高く、炭水化物は約6%、脂質は約4%のところ、タンパク質は約30%のため、カロリー消費値も大きくなります。むしろタンパク質は太りにくい栄養素と言えます。

プロテインを飲んで運動することにより、基礎代謝が上がり、より瘦せやすい身体になることも期待できるそうです。

Q4.プロテインは髪の毛や肌、爪にいいってホント?

A.ホント!

プロテインが髪の毛や肌・爪によい影響を与えるという噂。これは“ホント”です。

先述したように、カラダの多くはたんぱく質で構成されており、肌、髪の毛、爪も例外ではありません。プロテインを摂ることで、健康的な髪の毛や肌、爪を保つことができます。

Q5.プロテインは二日酔いにもよい?

A.ホント!

また、プロテインは二日酔いによいという噂。これも“ホント”です。

アルコールは主に肝臓で分解され、二日酔いの原因・アセトアルデビドという物質になります。都市伝説と思っているかもしれませんが、たんぱく質にはアセトアルデビドの分解をサポートする働きがあるため、たんぱく質を摂取することで二日酔いの予防にもつながります。

Q6.プロテインは集中力、思考力の向上をサポートするってホント?

A.ホント!

最後に、プロテインが集中力、思考力の向上をサポートするという噂。これも、“ホント”です。

たんぱく質を構成するアミノ酸に含まれる、やる気の源であるドーパミンや、感情を落ち着かせてリラックスさせるセロトニンなどの神経伝達物質を摂取することで、結果的に脳の働きの向上につながります。

No image

プロテインが身近になればなるほど、真偽不明な情報が出回るもの。日常生活を送る上でたんぱく質は不可欠な栄養素だけに、たんぱく質を効率よく摂取できるプロテインは便利な存在です。ぜひ、効率よく活用してみてくださいね。

イギリスを代表するスポーツ栄養ブランド「Myprotein(マイプロテイン)」

MYPROTEIN(マイプロテイン)とは

イギリスのスポーツ栄養ブランド。ヨーロッパNo.1ブランドとして、110ヵ国以上で販売を行っている。プロテイン、サプリメント、高タンパク食品、スナック類、スポーツウェアなどを展開。

No image

プロテインだけでなくサプリメント、ダイエット向けのお菓子、スポーツウェアなどを高品質のものをリーズナブルな価格でお届け。特にプロテインは国内最安値といえるほどの低価格と、60種類以上の豊富な味・フレーバーが特徴的。

公式オンラインストアでチェックする

こちらもおすすめ:マイプロテイン「Impactホエイプロテイン」35種類の味比較。おすすめ&おいしいフレーバーは?

<Text:辻村>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加