ドライブデートで渋滞に巻き込まれた...彼氏が露骨に不機嫌に!口を開けば嫌味、最終的には...

ドライブデートで渋滞に巻き込まれた...彼氏が露骨に不機嫌に!口を開けば嫌味、最終的には...

  • fuelle
  • 更新日:2022/09/23

「もう恋愛なんてしたくない...」と思ってしまったことはありませんか?
今回はそんな「恋愛なんてしたくない...と思わされた恋人・デート相手とのドン引きエピソードについてfuelle編集部が取材しました。

渋滞が原因でイライラする彼

私が24歳の頃に付き合っていた彼氏の話です。ある日彼の思いつきで県外へ日帰り旅行に行きました。早朝に待ち合わせし、彼の車で出発しました。

色んな観光地を巡り、旅行中はとても楽しんでいました。途中急に彼が予定になかった観光地へ行ってみようと言ってきたので行くことになり、そこは辺り一面田んぼしかないような場所にありましたが、そこでも楽しく遊びました。

夕方になってきたので帰ろうとしましたが、渋滞で中々進まず段々彼が苛立ってきているのが分かりました。大丈夫だから落ち着いてゆっくり帰ろうと言うと「運転してないんだから黙って!」と怒鳴られてしまい、何も言えずにいました。

すると今度は「あー!ガソリンがなくなってきた」と焦りだしました。

しかし、田んぼだらけの場所で中々ガソリンスタンドが見つかりませんでした。暫くして高速道路に入る手前の反対車線に、小さなガソリンスタンドを見つけたので彼に伝えると「反対車線だから行きたくない!高速に乗ったらすぐパーキングがあると思うからそこで入れる!」と言われ、そのガソリンスタンドは見送りました。

しかし、高速に入っても次のパーキングまではかなり距離があり間に合いそうにないとのことで、結局すぐに高速を降りて、再びガソリンスタンドを探すことになりました。

降りた所も田んぼだらけでした。彼は車の中でずっとイライラしていました。「こんなとこに来るんじゃなかった」「車運転しない人は呑気で良いですね!」とか嫌味をずっと言っていて、なんだかとても辛かったです。

そして遂に民家の前で車は止まってしまいました。

【他のエピソードを読む】

>>コロナワクチンは絶対に打つな…ママ友からの恐怖のライン

>>食事をしていると彼が浮気相手と来店。観念すると最低なセリフを!

人のお金を自分のように扱う彼

困っているとそこの家のおばあちゃんが声をかけてきてくださり、事情を話しガソリンを分けていただくことになりました。

「少し行ったところにガソリンスタンドがあるから」と教えてもらい、そのガソリンスタンドまで行けるくらいの分をもらいました。

私は彼に、おばあちゃんにお礼をしようと伝えました。すると彼は小声で私に「早くお金出して!」と言ってきました。

私の財布には1万円札しか入っていなかったのですが、彼は私の財布から1万円札を抜き取り、おばあちゃんに「これ、ほんの気持ちです。」とあたかも自分のお金のように渡そうとしていました。

おばあちゃんは「 さすがにそんな大金は受け取れないよ。ほんの少ししか分けてないから大丈夫だよ」と受け取りませんでした。おばあちゃんにお礼を言い、教えてもらったガソリンスタンドを目指して出発しました。

車内で彼は「なんでさっさとお金を出さなかったのか」などずっと私にグチグチ言っていましたが、私は聞き流していました。

5分ほどしてガソリンスタンドが見えてきました。そのガソリンスタンドを見てビックリ!なんとそこは、最初に私が彼に教えたけどスルーされたガソリンスタンドだったのです。

結局そのガソリンスタンドで入れることに。最初からここで入れておけばこんな事にならずに済んだのにと思いました。

彼はバツが悪そうにしていました。帰りの車内では暫く私のご機嫌取りに必死になっていましたが、私はもう既に冷めきっていました。

(30代・女性)
今回は、もう恋愛なんてしたくない...と思わされた恋人、デート相手とのエピソードについてまとめました。
あなたの周りにもこのような人たちが隠れているかも...
次回もお楽しみに。
文・fuelle編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加