GeForce RTX 3070 Tiをレビュー!フルHD~WQHDで高fpsを狙うゲーマーの新たな選択肢

GeForce RTX 3070 Tiをレビュー!フルHD~WQHDで高fpsを狙うゲーマーの新たな選択肢

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/06/09

最後のTi付きGeForceの実力は? 「GeForce RTX 3070 Ti」を試す

NVIDIAはCOMPUTEX 2021におけるキーノートスピーチで、Ampere世代の新GeForce「GeForce RTX 3080 Ti」「GeForce RTX 3070 Ti」を発表した。RTX 3080 Tiは6月3日に販売が解禁されたが、6月10日22時よりRTX 3070 Tiの販売も解禁となる。RTX 3080 Tiは一部ショップで事前会計の上での深夜販売が実施されたように、RTX 3070 Tiでも同様の施策がとられるとみられる。

また、NVIDIAによるRTX 3070 Tiの予想価格は8万9980円となっているが、RTX 3080 Ti発売日の実売価格を考えると、最安でも税込み9万円台終盤、上位モデルは13〜15万程度のものも出現するのではないかと筆者は予想している。

今回も筆者はRTX 3070 TiのFE版(Founders Edition)をテストする機会に恵まれた。NVIDIAは、RTX 3070 TiはRTX 2070 SUPERの1.5倍の性能であると謳っている。先週のRTX 3080 Tiレビューで、RTX 3080 TiはVRAM搭載量だけ半分にした“ほぼRTX 3090”的な立ち位置のGPUだったが、今回のRTX 3070 Tiは上位GPUであるRTX 3080にどこまで迫ることができるのだろうか? その実力をチェックしていきたい。

No image

RTX 3070 TiはRTX 2070 SUPERの1.5倍の性能を備えるとNVIDIAは語る

No image

RTX 3070 Ti FEの正面。S字を描くようなフレームデザインはRTX 3070と共通だが、ファンの配置が変更され、RTX 3080 Ti FE(もしくは3080 FE)に寄せたデザインになった。ただ全長(ブラケット突起部含まず)は268mmであり、RTX 3080 Ti FEの286mmより若干短い

No image

裏面には型番の刻印と、2基めのファンを配置。言うまでもなく、このファンはカード表面側から空気を裏側へ通すことで冷却効率を上げるFlow-Throughデザインである

No image

こちらはRTX 3070 FEの正面。全長は241mmなので、RTX 3070 Ti FEは若干大型化しているといってよい

No image

RTX 3070 Ti FEの基板。RTX 3070 TiはGDDR6Xを採用したため、基板が再設計された。Micro-Fit 12ピンタイプの補助電源コネクターは、RTX 3070 FEとは違い、カードからナナメ後方に向けて設置されている

No image

参考までにRTX 3080 Ti FEの基板。RTX 3070 Ti FEの基板写真とほぼ同縮尺になるようトリミングしてあるが、メモリーチップや電源回路等の配置からしても、RTX 3070 Ti FEとは完全に違うものであることが分かる

No image

こちらはRTX 3080 FEの基板。メモリーチップの空きパターンが2個分存在しており、さらに電源回路のパーツ配置も微妙に違っている

メモリー帯域とCUDAコアを増やしたRTX 3070

1週間前に公開されたRTX 3080 Ti FEのレビューの繰り返しになる部分が多々あるが、改めてRTX 3070 Tiのスペック等についてまとめておこう。

No image

2021年6月にリリースされたRTX 3080 TiおよびRTX 3070 Tiのスペックと、その近傍のGPUとのスペック比較

No image

「GPU-Z」でRTX 3070 Ti FEの情報を拾ってみた。Memory Type欄にGDDR6Xの表記、Resizable BAR欄がEnabledになっている

No image

パワーおよび温度限界の情報。FE版のTemperature Limitは83℃が定格となっているが、RTX 3070 Tiのシリコンとしての最大温度(Thermal Threshold)は93℃である

No image

NVIDIA BIOSタブのPower LimitがNVIDIA言うところのTGP(Total Graphic Power)。FEなので290Wが定格だが、OCツールを使うことで最大320Wまで引き上げが可能だ

前掲のスペック表にある通り、RTX 3070 TiはRTX 3070のSMを2基(CUDAコアにして256基分)増設し、メモリーをGDDR6からGDDR6Xにグレードアップ、さらにクロックも若干引き上げたものと定義できる。GDDR6からGDDR6Xへの変更は技術的には大変大きな意義をもっており、これによりメモリー帯域は448GB/sec→608GB/secへ、約1.35倍に増えている。

この値はRTX 2080 Ti(616GB/sec)に迫るものであり、よりメモリーアクセス負荷の高い状況でのパフォーマンス向上に貢献することだろう。ただしVRAMは8GB据え置きであるため、VRAMが2GB増したRTX 3080→3080 Tiほどの“特別感”はない。VRAMを増やさなかった理由はメモリーを増やせばそれはRTX 3080になってしまうし、メモリーバス幅の拡大も必須になるからだと思われる。

このようなパワーアップを獲得した代償として、RTX 3070 TiのTGPはRTX 3070の220から70W増の290W設定になった。これは消費電力増を意味するが、ごく一般的な(OC等をしない)パーツ構成であれば、750W以上の電源で十分だろう。

またRTX 3070 Tiにもハッシュレートリミッターが実装されているが、NVIDIAとしては「LHR(Lite Hash Rate)ではない」という点も、RTX 3080 Tiと共通している。「LHR」は非LHR版があるGPU(例えばRTX 3080)に対しハッシュレートリミッターがあるGPUと区別するために付けられるものであるため、RTX 3070 Tiや3080 Tiのように最初からハッシュレートリミッターのあるGPUにはLHRとは言わない、というのがNVIDIの見解となる。

検証環境は?

今回の検証環境は、前回のRTX 3080 Ti FEの検証環境と同じものを使っている。前回のレビューから1週間しか間が空いていないため、前回の検証結果をそのまま継承する形で、改めて新GeForceの性能比較を試みる。

さらに、今回比較対象としてRTX 3070 FEおよびRTX 2070 SUPER FEも追加した。ドライバー環境はRTX 3070 Ti FEおよびRTX 3080 Ti FEがレビュー用βドライバー、それ以外はGeForce 466.47で計測している。また、RTX 2070 SUPERを除く全てのGPUは、Resizable BARが利用できる環境でテストを実施した。

NVIDIAの主張は確認できた「3DMark」

まずは「3DMark」のスコアー比べだ。RTX 3070 Ti FEはCUDAコアやメモリー帯域が増えたが、メモリーバス幅は256bit据え置き、かつCUDAコアの少ないモデルほどパフォーマンスゲインが鈍化しやすいので、RTX 3080 FEよりもRTX 3070 FEに近いところに着地することが予想できる。

No image

「3DMark」のスコアー

まずRTX 3070 Ti FEのスコアーを100%としたとき、RTX 2070 SUPER FEは73%〜67%程度なので、RTX 2070 SUPERの1.5倍の性能を持つというNVIDIAの主張はほぼ達成できている(1÷0.67=1.49)ことが確認できた。

次にRTX 3080 Ti FEの上下との対決に目を向けると、RTX 3080 FEは3070 Ti FEに対し11〜31%ほど上、RTX 3070 FEは3070 Tiの6〜8%ほど下という結果が得られた。RTX 3080 Tiは上位GPU(RTX 3090)寄りの性能だったが、RTX 3070 TiはRTX 3080寄りというよりは下位寄りの性能に仕上がっている。メモリーバスが256bitという仕様がGDDR6X採用によるメモリー帯域増やCUDAコア数増によるメリットを享受しにくくしていると考えられる。

高解像度領域で上位GPUとの差が 明確になった「Rainbow Six Siege」

ここから先は実ゲームを利用した検証となる。「Rainbow Six Siege」ではAPIはVulkan、画質は“最高”をベースにレンダースケール100%を追加した。ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測する。

No image

「Rainbow Six Siege」Vulkan、1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Rainbow Six Siege」Vulkan、2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Rainbow Six Siege」Vulkan、3840×2160ドット時のフレームレート

RTX 3080 Tiと3090の差がほとんど付かなかったのに対し、RTX 3070 Ti FEは3070 FEに対し平均フレームレートでおよそ7〜9%上の性能を発揮している。この差は解像度が高くなるほど開く傾向にあり、GDDR6Xを採用したことによるメモリー帯域の増加が一定の効果を挙げていることがうかがえる。

ただし、上位であるRTX 3080 FEとの差は小さくはなく、フルHDでRTX 3080 FEの方がおよそ13%、4Kではおよそ22%上という結果が得られた。CUDAコア数自体の差も大きいが、メモリーバス320bit対256bitという根本的な仕様の差がこの結果を生んでいると考えられる。ただ描画の軽いゲームであるため、RTX 3070 Ti FEでも並のゲーミング向けディスプレーでは活用できないほどのフレームレートは出ている点は強調しておきたい。

4Kでもなんとかイケそうな「Apex Legends」

続いて「Apex Legends」では、画質を最高画質設定とし、起動オプションで明示的にフレームレート上限解除「+fps_max unlimited」を追加した。「CapFrameX」を利用し、射撃練習場における一連の行動をとった時のフレームレートを計測した。

No image

「Apex Legends」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Apex Legends」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Apex Legends」3840×2160ドット時のフレームレート

現状、どう頑張っても300fpsは出せない仕様になっているため、RTX 3080 FEより上のGPUはほぼ団子状態だが、3070 Tiより下ではGPUのスペックの差が数値に出やすい。RTX 3070 Ti FEの平均フレームレートは3070 FEよりも3〜10%ほど上、RTX 3080 FEの5〜22%ほど下となり、特にメモリー帯域がボトルネックになりやすい4Kで、RTX 3070 Ti FEが息切れしやすいことが示されている。

とはいえ、4Kでもなんとか60fpsキープを達成できているので、画質をやや落とせば十分プレイに耐えるフレームレートが得られそうだ。ただ、ハイフレームレートプレイの確実性をとるなら、RTX 3070 TiはフルHD〜WQHDで運用した方がよいだろう。

「F1 2020」は高解像度でRTX 3080から離される

続いては「F1 2020」だ。画質は“Ultra High”、アンチエイリアスはTAA、異方性フィルタリングは16Xとした。内蔵ベンチマーク機能を利用し、コース“Monaco”+天候“Very Wet”設定での走行シーンにおけるフレームレートを比較する。

No image

「F1 2020」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「F1 2020」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「F1 2020」3840×2160ドット時のフレームレート

RTX 3080 Ti FEレビューの時は上位である3090 FEに対し下剋上をするという結果が出たが、今回のRTX 3070 Ti FEでは3080 FEを超えるような局面は観測されない。このゲームでもCUDAコア数やメモリーバス幅等の“地力の違い”を再認識する結果となった。ここでも高解像度になるほどRTX 3070 FEとの差が広がる傾向にあるが、同時にメモリーバス幅のより広い3080 FEとの差が広がっている。

フルHDでは役(負荷)不足な「HITMAN 3」

「HITMAN 3」による検証では、画質を最高設定とし、VRSは“Quality”、VRAM使用量のセーフガードはオフに設定した。内蔵ベンチマーク機能でフレームレートを計測するが、時間の関係上このテストのみ平均フレームレートでのみ比較する。ただしベンチマーク機能に搭載されている“Dubai”および“Dartmoor”それぞれにおいてフレームレート計測している。

No image

「HITMAN 3」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「HITMAN 3」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「HITMAN 3」3840×2160ドット時のフレームレート

HITMAN 3のベンチマークシーンのうち、Dartmoorは強烈なCPU/メモリー由来のボトルネックが存在するため、フルHD環境ではRTX 2070 SUPER FE以外のCPU全てにおいて決定的な差が確認できなかった。ただ、群衆表現がメインのDubaiでは、RTX 3070 Ti FEおよび3070 FEの平均フレームレートはRTX 3080 FE以上のそれより1ランク下の結果を示している。

このゲームでもRTX 3070 FEに対する3070 Ti FEのパフォーマンスゲインは数%にとどまっており、ここまでの検証を合わせて考えると、RTX 3070 Tiは3070の上位版といえるが、価格をリセットした仕切り直し的な存在であるという印象がより強くなったはずだ。

Turingの70番台の弱さが確認できた「OUTRIDERS」

続く「OUTRIDERS」では、画質“ウルトラ”に設定、モーションブラーはオフ、DLSSは“パフォーマンス”設定とした。マップ“古代遺跡”のキャンプから一定のコースで移動した時のフレームレートを「CapFrameX」で計測する。

No image

「OUTRIDERS」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「OUTRIDERS」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「OUTRIDERS」3840×2160ドット時のフレームレート

DLSS“パフォーマンス”設定だと内部解像度は出力解像度の縦横半分でまず描画され、それをもとにTensorコアのアップスケール処理が入る。フルHDでは負荷が低すぎてフレームレートは似たり寄ったりになるが、唯一Turing世代のRTX 2070 SUPER FEだけが1人負けの状態。

WQHDや4Kになると、RTX 3070 Ti FEと上位GPUの差が顕著になりつつあるが、4Kでも60fps以上は余裕をもってキープできている。Turing世代の60番台、あるいは16シリーズ以前からの買い換えを考えているなら、RTX 3070 Ti FEは良い選択になるのではないだろうか。

RTX 3070との差が大きめに出た「Days Gone」

「Days Gone」では、画質は最高設定に。ゲーム序盤に訪れるオリアリー山アジトから一定のコースをバイクで移動した時のフレームレートを「CapFrameX」で測定した。

No image

「Days Gone」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Days Gone」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Days」3840×2160ドット時のフレームレート

全体の傾向はこれまでの検証結果から外れてはいないが、RTX 3070 Ti FEの3070 FEに対するパフォーマンスゲインはおよそ7〜10%と大きめに出ている。手動計測による影響で差異が広がった可能性もあるが、メモリーバス幅以外のスペックアップ要素が下位GPUとの差を明確にしたと評価できる。

重量級「Horizon Zero Dawn」では?

ここから重めのゲームで検証していこう。まず「Horizon Zero Dawn」では、画質“最高画質”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測した。

No image

「Horizon Zero Dawn」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Horizon Zero Dawn」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Horizon Zero Dawn」3840×2160ドット時のフレームレート

まず、Horizon Zero Dawnの最低fpsは暴れやすいので平均フレームレートを中心に見ていくことをオススメする。ここでもRTX 3080 FEと3070 Ti FEの間に見えない壁のようなものがあり、ここを境にフレームレートが急激に伸びている。

RTX 3080 FEは3070 Ti FEに対しフルHDでもおよそ10%差、4Kになるとおよそ20%の大差を付けているが、ざっくりと国内におけるRTX 3080の実売価格とRTX 3070 Ti(予想)価格でコストパフォーマンスを弾き出してみると、10〜20%の性能差を数万円〜10万円程度の差で買うことになる。

GPU設計に起因する性能差は歴然としているが、費用対効果的にはRTX 3070 Tiは健闘しているといえるだろう(ただ、RTX 3080発売当初の価格を考えると、同価格帯で10〜20%性能が目減りしているという見方もできるので、断言はしない)。

「Assassin's Creed Valhalla」の重さを再確認

強烈に重い「Assassin's Creed Valhalla」でも試してみよう。画質は“最高”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測した。

No image

「Assassin's Creed Valhalla」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Assassin's Creed Valhalla」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Assassin's Creed Valhalla」3840×2160ドット時のフレームレート

GeForceではフレームレートがあまり上がらないゲームであるため、最上位であるRTX 3090 FEとRTX 3070 Ti FEの差はフルHDでおよそ11%上、4Kでようやく25%上と“詰まり気味”な結果になった。このゲームの場合はフルHDまたはWQHD、必要に応じ影の設定などを落とすといった調整が必要になるだろう。

DXR対応の「DIRT 5」では4Kだと辛い

ここからはDXR(DirectX Raytracing)を利用したゲームで検証する。DXRを利用したゲームの中では処理が軽めの「DIRT 5」から始めよう。画質は“Ultra High”、解像度の動的変更系機能はオフ、FidelityFXを使ったアンビエント・オクルージョンもUltra High、DXRはオンに設定した。ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測する。

No image

「DIRT 5」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「DIRT 5」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「DIRT 5」3840×2160ドット時のフレームレート

ここでは、RTX 3070 Ti FEが解像度を問わずRTX 2070 SUPERの1.5倍以上のフレームレートを発揮。RTコアを使う処理でも、旧世代70番台に比べてしっかりと性能差を発揮できることを示した。

フルHD〜WQHDなら最高画質設定でも60fpsオーバーの値を出すことが可能だが、4K&最高画質では性能がもう少し足らない印象。4Kプレイ重視ならRTX 3080 Ti(またはまだ割高なRTX 3080)を選ぶべきだが、WQHDまでならRTX 3070 Tiでも十分快適な環境が得られるだろう。

DXR+DLSSのパフォーマンスを 「Watch Dogs: Legion」で見る

「Watch Dogs: Legion」では、レイトレーシング“最大”+DLSS“高性能”とし、RTコアとTensorコアを使った時のパフォーマンスを見てみたい。APIはDirectX 12、画質は“最大”、さらに精細度は100%固定とした。ゲーム内ベンチマーク機能を利用してフレームレートを計測する。

No image

「Watch Dogs: Legion」DirectX 12、1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Watch Dogs: Legion」DirectX 12、2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Watch Dogs: Legion」DirectX 12、3840×2160ドット時のフレームレート

フルHDでGPU間のフレームレートに大きな差がついていないのはOUTRIDERSと同じで、DLSS(Tensorコア)に起因するボトルネックが影響している。だが、解像度が高くなるほどGPUのCUDAコア数やメモリー搭載量、バス幅のリッチなGPUがフレームレートを伸ばす傾向が強く観測できる。特にRTX 3070 Ti FE以下のGPUでは、4Kでフレームレートを大きく落としているが、メモリーバス幅と搭載量の両方が強く関係していると考えられる。

「Cyberpunk 2077」でも高解像度ほど差がつく

実ゲーム検証の最後は「Cyberpunk 2077」でしめくくろう。画質は“レイトレーシング:ウルトラ”+レイトレーシングのライティング“サイコ”+DLSS“パフォーマンス”に設定。群衆密度も最高設定とした。マップの特定のルートを移動した際のフレームレートを「CapFrameX」を使用して測定する。

No image

「Cyberpunk 2077」1920×1080ドット時のフレームレート

No image

「Cyberpunk 2077」2560×1440ドット時のフレームレート

No image

「Cyberpunk 2077」3840×2160ドット時のフレームレート

フルHDではフレームレートの大小とGPUのランクがあまり一致しないが、これは手動計測による誤差のほかに、毎回群衆や車両の出方が変化するCyberpunk 2077の仕様による誤差が加わり、さらにDLSSのパフォーマンス設定によるボトルネックも影響している(OUTRIDERSやWatch Dogs: Legionと同じ)。

だが、WQHDや4Kになると描画負荷が十分に高まるため、GPUのパワー差がフレームレートに連動するようになる。ここでもRTX 3070 Ti FEとRTX 3080 FEの間に高い壁があることが示されている。

特に4Kでは、RTX 3080 FEが3070 Ti FEをおよそ40%上回る結果を出ており、80番台のGA102と70番台のGA104の実力差は圧倒的だ(もちろん価格と連動した実力差だが……)。Cyberpunk 2077でもプレイアブルなのはWQHDまで、4Kの場合はDXRをオフにするとか、設定をかなり妥協した方がよいだろう。

ハッシュレートリミッターの効果

Ethereumマイニング時のハッシュレートも比較しておこう。前述の通りRTX 3070 Tiにはハッシュレートリミッターが搭載されているが、上位/下位の非LHRなGeForceに比べ、どの程度“弱体化”されているのか見てみよう。

マイナーは前回と同じNanominerのCUDAバージョンを利用し、特にPower Limitなどの制約はかけずに10分間マイニング、10分後のハッシュレートのほか、その時点でコンソールに表示される「GPU Power」を比較する。

No image

Etherreumマイニング時のハッシュレート

RTX 3070 Ti FEは3070 FEよりもGPU Powerが60W増えているのに、ハッシュレートはおよそ26%も低い値に収束するようになっている。マイニング開始直後から徐々にハッシュレートが下がっていくという挙動は、先に発売されたRTX 3080 Tiと同じである。

消費電力や発熱、クロックを俯瞰する

では、RTX 3070 Tiを含めた全6種類のGeForceの消費電力をチェックしてみよう。まずはシステム全体の消費電力を比較するが、ラトックシステム「RS-WFWATTCH1」を使用し、システム起動10分後の安定値(アイドル時)と、「3DMark」Time Spyデモ実行中の最高値(高負荷時)を計測した。

No image

システム全体の消費電力

消費電力の多い方から眺めてみると、CUDAコア1万基以上を誇るRTX 3080 Ti FEおよび3090 FEのGA102コンビがダントツで高く、その次にメモリーバスの太いRTX 3080 FE、そしてRTX 3070 Ti FEと続く。

RTX 3070 Ti FEの高負荷時の消費電力がRTX 3070 FEと3080 FEのちょうど中間に位置していることと、これまでの検証結果を合わせ考えると、RTX 3070 Ti FEの消費電力は性能が向上した結果増えたと同時に、ワットパフォーマンスという観点で言うとRTX 3070 FEや3080 FEよりやや燃費が劣っているといえるだろう。

さらに、消費電力について詳しく見るためにNVIDIAのビデオカード専用電力測定ツール「PCAT」を利用し、ゲーム(Cyberpunk 2077)を実際動かしている時のTBP(Total Board Power:ビデオカード単体の消費電力)を測定してみた。画質設定は前述のベンチそのままの条件だが、解像度は描画負荷をある程度引き上げるために4Kで統一している。計測時間はゲームの画面が表示されてから約15分間とした。

No image

ゲーム中のTBPの傾向

No image

ゲーム中のTBPの推移。1秒の移動平均をプロットしたもの

RTX 3070 FEのTBPは平均217W(TGP220W)なのに対し、RTX 3070 Ti FEは平均282W(TGP290W)であり、システム全体の消費電力に対する増加はほぼGPUの消費電力増であることが確認できた。GDDR6Xの採用とCUDAコア増量&クロック引き上げによって、RTX 3070 Tiは3070無印よりも性能を引き上げることができたものの、ワットパフォーマンスではやや後退したと言ってよいだろう。

このTBPを測定している裏で「HWiNFO Pro」を利用し、各GPUの温度やクロックの推移も追跡してみた。室温は約27℃となる。

No image

「Cyberpunk 2077」プレイ中のGPU温度の推移

No image

「Cyberpunk 2077」プレイ中のGPUクロックの推移

まずGPU温度の推移だが、最も温度が高くなったのはRTX 3080 Ti FE、続いてRTX 3070 Ti FEと、クロックを引き上げたぶん温度も上昇したという至極当たり前の結果が得られた。特にRTX 3070 Ti FEは冷却システムも大きく変更し、RTX 3070 FEとは別モノのカードに仕上がったが、性能引き上げで発熱量が増えたことを考えると妥当な選択といえる。

GPUクロックの推移は線が重なりすぎて大分分かりにくくなってしまったが、RTX 3070 Ti FE(黄)のクロックは1860〜1875MHzで安定し、これはRTX 3080 FE(灰)や2070 SUPER FE(緑)とほぼ重なる。続いてRTX 3070 FE(水色)と3090 FE(青)、一番下にRTX 3080 Ti FE(橙)と続く。RTX 3070 Ti FEのTBPの高さはクロックの高さの裏返しであるが、メモリーバス256bitのままでなんとかしてRTX 3080 FEに近づけるために必要であるといえるだろう。

まとめ:フルHD〜WQHDなら十分戦力になるが、 RTX 3070無印に対する特別感は薄い

これまでNVIDIAは既存GPUの間に割り込むような製品を投入する際、末尾に「Ti」や「SUPER」といった単語を追加(BOOSTという製品もあった)するのが常であり、無印はTi/SUPER付きより下というルールがあった。

今回のRTX 3070 Ti FEもこのルールを守るどころか、RTX 20シリーズのSUPER付きよりもさらに正確に性能を調整してきた。ただ、RTX 3070 Ti FEのパフォーマンスは“RTX 3080 FEに近いもの”ではなく、“RTX 3070 FEをやや強化したGPU”の域を出なかったのは少し残念だ。

GDDR6Xの採用は良い要素だったが、メモリーバス256bit、8GBのままという点が色々な面で厳しい(ただし、メモリーバスの仕様はCUDAコア数と連動しているので、単純にバス幅のせいとも言い切れない)。RTX 3080 Tiを筆頭に、過去のRTX 2070 SUPERやRTX 2060 SUPERに共通している要素、即ちTiやSUPERが付くことによる特別感、もっと言えば上位GPUを食えそうな要素が希薄なのが、RTX 3070 Tiの泣き所といえる(この意味ではRTX 2080 SUPERの再来だ)。

ただ、フルHD〜WQHD環境で最高画質(DXR入り)でフレームレート高めのプレイを志向しているなら、RTX 3070 Tiは決して悪いGPUではない。今のGeForce搭載カードの相場はRTX 3080が15〜20万円ほど、RTX 3070で9〜14万円ほどという感じだが、10万円前後の値付けなら、RTX 3070のパワーアップ版として良い買い物になるのではないだろうか。

■関連サイト

GeForce RTX 3070シリーズ

加藤勝明(KTU) 編集● ジサトラユージ/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加