ロッテ・井口監督 佐々木朗希の投球術を評価「相手の食らいつく感じをうまく使えていた」

ロッテ・井口監督 佐々木朗希の投球術を評価「相手の食らいつく感じをうまく使えていた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

8回、バッテリーの交代を告げる井口監督(撮影・坂部計介)

「オリックス1-4ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

ロッテ・井口監督が7回1失点で4勝目を挙げた佐々木朗希投手の粘りの投球を評価した。

今季3度目の対戦で、追い込まれる前に捉えようとするオリックス打線の積極打法に苦戦。それでも失点は三回1死一、三塁から福田の併殺崩れの間の1失点のみだった。

過去2度敗戦し、3度目の正直と対策を練ってきたオリックス打線。だが、それを上回る投球で結果を残した右腕について、指揮官は「向こうは必死に食らいついてきてる感じでしたけど、朗希がそこをうまく使えてたと思います。ランナーを置いてから低めに投げて空振りも取れていた。まあいいピッチングができたと思います」と称賛した。

チームも3連勝でオリックスを抜き4位浮上。ベンチのムードも明るくなってきたが、指揮官は「変わったことはいろいろありましたけど、内緒です」と冗舌に振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加