元日本代表の村田毅らが日野レッドドルフィンズを退団

元日本代表の村田毅らが日野レッドドルフィンズを退団

  • ラグビーリパブリック
  • 更新日:2022/05/13
No image

リーグワン2022のディビジョン2を4位で終えた日野レッドドルフィンズが5月13日、2021-22シーズンをもって退団することが決まった選手・スタッフを発表した。

NECグリーンロケッツから移籍して2017年にレッドドルフィンズに加入し、チーム念願のトップリーグ(前身の国内最高峰リーグ)初昇格に貢献して2018年度から2季はキャプテンも務めた村田毅(33歳)が退団する。元日本代表の村田は、FL、LOとして常に体を張り続け、レッドドルフィンズをけん引してきた。

そして、2016年から在籍してFBとして活躍し、世界クラスのステップで魅了したリオオリンピック7人制ニュージーランド代表のギリース・カカ(31歳)も日野を去ることが決定。
東京ガス、サンウルブズを経て2017年からレッドドルフィンズの一員だったSOクリップス ヘイデンも退団する。

ほかには、6年在籍したFL真田裕継(28歳)とWTB片岡将(34歳)、5年在籍したCTB田邊秀樹(34歳)、4年在籍したHO井越慎介(26歳)もレッドドルフィンズを離れる。

さらに、ヤマハ発動機ジュビロから移籍して2019年から加わっていたLOディネスバラン・クリシュナン(33歳)、トンガ代表のNO8ナシ・マヌ(33歳)、ニュージーランド出身のSOジャック・デブラシーニ(28歳)も退団することが決まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加