日吉駅東口タクシー乗場 2月1日、運用開始 西口は廃止〈横浜市港北区〉

日吉駅東口タクシー乗場 2月1日、運用開始 西口は廃止〈横浜市港北区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

整備が進められてきた日吉駅東口タクシー乗場の運用が、2月1日午前9時に始まる。これに伴い、現在使われている西口の乗場は廃止される。

これまで日吉駅西口では、タクシーを待つ人の列が階段にでき、車椅子利用者等が利用しづらい状況になっているほか、普通部通りでは客を待つタクシーによる歩行者の通行阻害が課題になっていた。そのため、横浜市と(一財)神奈川タクシーセンター、(一社)神奈川県タクシー協会で改善策を探ってきた経緯がある。

新設される乗場ができるのは、現在の西口の乗場から約50m離れた駅東口。綱島街道沿いの日吉駅に面した約40m区間で、タクシー4台が並ぶことができる。乗車レーンは横浜市が設置し、上屋は同一般財団法人が設置した後、市に寄贈されるという。

現在、同一般社団法人では西口の乗場周辺に東口乗場を新設する旨のポスターを掲示し、周知を図っている。

市では「今回の整備により、駅改札口から段差なしでタクシー乗車が可能となるほか、日吉駅西口周辺の交通環境の改善につなげていく」としている。

No image

整備が進むタクシー専用レーン(1月5日正午時点)

No image

西口の乗場付近に張られたポスター

タウンニュース港北区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加