楽天ファンから疫病神扱い? ファンキー加藤の負のジンクスの有吉ら苦笑

楽天ファンから疫病神扱い? ファンキー加藤の負のジンクスの有吉ら苦笑

  • めるも
  • 更新日:2020/09/19
No image

※画像は、ファンキー加藤さん公式Twitter(@funky_kato1978)より

9月12日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、ミュージシャンのファンキー加藤が登場。プロ野球球団・東北楽天ゴールデンイーグルスのファンである彼がとある負のジンクスを持っている事を反省しに来るも、あまりにも自虐的なその内容にMCの有吉弘行を始め、皆苦笑いを浮かべるしかなかった。

加藤「僕は、敗戦処理シンガーなんですよ」

加藤は、年に1回のペースで楽天の試合後に地元の楽天生命パーク宮城でライブを行っているが、彼が登場した日は必ず楽天が負け、ついには5戦全敗という記録まで打ち立ててしまい、ファンからは疫病神扱いされていることが最初に紹介された。

スタジオでは有吉が「5年連続で負けてるってのはどういう気持ちなんですか?」と素朴な疑問をぶつけると加藤は「雲行きが怪しくなってきたのは3年目からですね。3連敗は結構胸に響いちゃって。しかも6点差とか7点差とか大差で負けてるんで、そんな中歌いに行くのはなかなかしんどいですよ」と本音を吐露し笑わせた。

ここで見届け人のオアシズ・大久保佳代子が「5連敗すると自分にも原因があるか不安になりません?願掛けとかしないんですか?」と聞くと加藤は「僕晴れ男で、僕が行くと必ず晴れるんですよ。青空の下、リハーサルで歌ってると勝てる気しかしないんですよね」と返答。しかし大久保は「晴れ男押してくるってバカみたいですね」と切り捨て、加藤も苦笑いを浮かべていた。さらに有吉は「負けた後のライブって、空気悪いんじゃないですか」と質問。加藤は「試合終了直後じゃなくて、グラウンド整備で30分くらいかかったあとのライブなんですよ。みんなある程度敗戦を噛み締めてから10分15分くらいで帰って行っちゃうんです。だから僕は、敗戦処理シンガーですね」と答えて有吉も「かわいそう」と同情していた。

有吉が「(ライブ中に)ヤジとか飛んでこないですか?」と聞くと加藤は「耳に届いたことはないですが、球場の全体の雰囲気から『お前のせいだ、お前が来たからだ』っていう心の声を感じることはあります」と話し笑わせていた。

(めるも編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加