オリックス 球団ワーストの開幕から12試合連続1桁安打 鬼門・ZOZOで快勝も

オリックス 球団ワーストの開幕から12試合連続1桁安打 鬼門・ZOZOで快勝も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

3回オリックス無死一、二塁、左越え2点適時二塁打を放つ頓宮裕真=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

「ロッテ-オリックス」(8日、ZOZOマリンスタジアム)

オリックスが快勝。ただ、9安打5得点で開幕から12試合連続で2桁安打なしとなり、球団ワーストを更新してしまった。

あと1安打届かなかった。初回に1番・安達と2番・佐野皓の連打などで先制に成功。二回は杉本の今季1号2ラン、三回に吉田正の右安打、頓宮の左中間への2点二塁打などで快調に「H」ランプをともしていった。

七回には、この日4番に座った中川圭がチーム9安打目となる左前打。今季初の2桁安打達成へ期待がかかったが、八、九回は三者凡退に終わった。先発・山本の7回1失点の好投もあり、チームは昨年1勝11敗と苦しんだ鬼門・ZOZOマリンで白星を飾ったが、安打数は1桁にとどまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加