瀬戸大也2年ぶりV「公介とレースするの楽しい」萩野との真っ向勝負制す

瀬戸大也2年ぶりV「公介とレースするの楽しい」萩野との真っ向勝負制す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/09
No image

男子200メートル個人メドレーで東京五輪代表内定を決めた2位萩野(左)は優勝の瀬戸と喜び合う(撮影・鈴木みどり)

<競泳:日本選手権兼東京オリンピック(五輪)代表選考会>◇8日◇東京アクアティクスセンター◇男子200メートル個人メドレー決勝

瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)が1分57秒41で2年ぶり2度目の優勝を遂げた。19年の世界選手権金メダルで既に代表権を手にしていた中、2位の萩野公介との勝負を制した。

「この200(メートル)のバタフライと個人メドレー。なかなかスピードが出ていない中で、試合を通して、いい練習になったと思います」

萩野との真っ向勝負には「やっぱり公介とレースするのは楽しいですし、刺激をもらえるので。この200メートル個人メドレー、2人で代表権を勝ち取ったので、夏の本番、2人でいいレースをして日本を盛り上げたいなと思います」

夏に向けて「タイムはまだまだ。もうちょっと、時間が欲しいです(笑い)。夏までには、もっともっとレベルアップして、皆さんから安心して見てもらえるように、強化したいなと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加