日没サスペンデッド、片山晋呉ら5人が暫定首位 中日クラウンズ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01

<国内男子ゴルフツアー:中日クラウンズ>◇第2日◇1日◇愛知・名古屋GC和合C(6557ヤード、パー70)◇賞金総額1億円(優勝2000万円)※賞金ランク加算額は75%◇無観客開催

雷雲接近のため、午後4時6分に競技が中断し、日没サスペンデッドとなり、3組9選手がホールアウトできなかった。

片山晋呉、宮本勝昌、高山忠洋、浅地洋佑、宋永漢の5人が通算7アンダーで暫定首位に立った。6アンダーの1打差暫定6位に重永亜斗夢、2打差暫定7位に金谷拓実、岩田寛。

アマチュアのレフティー、笠原瑛は3アンダーで4打差暫定13位、石川遼は1オーバー、暫定47位。世界アマチュアランク1位中島啓太は、通算12オーバーの暫定99位。

▽11位から暫定首位浮上の浅地 「スイング改造に重きを置きすぎていたけど、今週はスコアメークを意識するようにした。言い方は悪いけど、上位にいるので気持ちがのっていけます」

▽4位から71で暫定13位。レフティーのアマチュア笠原 「(第1日の好結果で)見たことがないぐらいLINEやインスタで反響があってビックリ。今日は出入りが激しかったけど、最後まで諦めずにできた」

▽暫定90位で予選落ち確実の世界アマランク1位中島 「この2日はいいショットを打った記憶がない。準備不足。こんなひどいゴルフは最近ありませんでした」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加