【レビュー:全米フィギュアスケート選手権2021 アイスダンス・ペア】コロナ禍に訪れた、美しく、贅沢で、至福のひととき。ハイレベルな争いに世界が熱狂!

【レビュー:全米フィギュアスケート選手権2021 アイスダンス・ペア】コロナ禍に訪れた、美しく、贅沢で、至福のひととき。ハイレベルな争いに世界が熱狂!

  • J SPORTS
  • 更新日:2021/01/19

アイスダンス

まるで世界選手権やグランプリファイナルの表彰台争いを見ているかのような、贅沢で、至福のひととき。ハッベル/ダナヒュー組とチョック/ベイツ組という世界でもトップクラスの2組が、氷上で個性を競い合い、接戦の果てになんと9年連続で全米選手権のメダルを分け合った(前者は10年連続表彰台)。「国内選であれ他の大会であれ、いつだってお互いが手ごわい敵だということはよく分かっています。去年は私た

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加