超レアなColemanコラボのタフネススマホ「TORQUE 5G」 をゲット!

超レアなColemanコラボのタフネススマホ「TORQUE 5G」 をゲット!

  • Engadget
  • 更新日:2021/05/02
No image

このアングルから見る背面デザイン、カッチョ良くないですか!?

2021年4月29日、auは「TORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01」(京セラ製)の販売を開始しました。

本機は2021年の春モデルとして2021年3月26日に発売された「TORQUE 5G KYG01」をベースにし、アメリカの大手アウトドア用品メーカーのColeman(コールマン)とのコラボレーションをした限定モデルのAndroidスマートフォンとなります。

TORQUEは以前にも先々代の「TORQUE G03」にてノルウェーのアパレルメーカー「HELLY HANSEN」とのコラボレーションモデルを発売しており、今回は実に2世代ぶりのコラボレーションモデルとなります。

今回、TORQUEの限定モデルのカラバリが赤系ということを知った筆者は発表からすぐに本機をauの直営ショップにて予約注文。

先行して販売された「TORQUE 5G KYG01」の購入報告を横目に待つこと、約一か月。ついに販売開始となった本機をゲットしましたので、気になる同梱品や限定モデルの特徴などを紹介していきたいと思います。

〇個装箱と同梱品

No image

TORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01の個装箱

まず、個装箱をチェックしてみましょう。正面側は通常のTORQUE 5Gとほぼ同じ黒地に白く「TORQUE」と描かれているのですが、個装箱正面の下部には限定モデルであることを表す「Coleman」のロゴマークがあります。

また、裏側は本機と同じ「赤いカモフラージュ柄」になっているなど、特別仕様の個装箱なっています。(通常版のTORQUE 5Gの個装箱裏側は無地)

No image

本体と同梱品

内容物としてはTORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01本体、電池パック、LOCK回転工具、バンパー交換用六角レンチ、マニュアル類(クイックスタートガイドとご利用にあたっての注意事項)、Colemanのミニパンフレットが入っています。

バンパー交換用六角レンチは市販のものでも代用可能で、これを使って傷ついた端末表側のバンパーを交換することができます。交換用バンパーはauショップなどで購入可能。

同梱のColemanのミニパンフレットには1901年のColeman創業から2020年までに販売された代表的な製品を年代順に紹介したものとなっています。

No image

Colemanのミニパンフレット

なお、USBケーブルや充電器の類は同梱していないので、各自用意するか手持ちのものを利用しましょう。個人的には非接触充電の「qi」に対応しているので、端子カバーを傷めないためにもqiでの充電をお勧めしたい。

〇胸を熱くする赤いカモ柄

No image

背面のデザインをロゴの向きに傾けた(横向きにした)状態

No image

本体正面(左側)と背面(右側)

本体正面側の外装と交換可能なバンパーは通常のTORQUE 5Gのレッドと同一のものですが、背面側バッテリーカバーが赤のカモフラージュ柄となっており、大きく描かれたColemanのマークが誇らしく見えます。

基本スペックはSoC(CPU)にQualcomm製 Snapdragon 765(オクタコア)に動作メモリーが6GB RAM、本体ストレージが128GB ROMと純粋にスマートフォンとして見ただけの場合であれば、アッパーミドル級のスペックですが、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810H)に準拠した耐久性能に、京セラ独自の耐久試験を加えた全28項目の耐久試験をクリアした超タフネス仕様という「物理耐久面における最高クラスのスマートフォン」となっています。

その他スペックの詳細については、過去の記事でも解説していますので、併せてご覧ください。

洗える5Gスマホ「TORQUE 5G」はワイプ撮りもできる──実機インプレ

〇Coleman限定モデルのホーム画面とアプリインストールアプリ

No image

TORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01のホーム画面

No image

アプリケーション一覧

ホーム画面は2面+Google Discoverの1面で、全3面となっています。

auのSIMカードを挿さずにセットアップした場合にはauの公式アプリはインストールされず、アウトドア関連の活動に役立つアプリやGmailやChromeなどGoogle提供の基本的なアプリ、おサイフケータイアプリなどのほか、TORQUE公式アプリがプリインストールされています。

また、あらゆるシーンでの利用を想定して、カメラ関連もそれぞれ独立したアプリとして起動させることができます。通常のカメラアプリからの切り替えも可。

No image

左側がアウトドア関連、右側が各種カメラアプリのフォルダ。アウトドア関連のみで纏められたアプリグループが用意されているのがTORQUEらしい

今回の限定モデルにはプリインストールアプリとして「Coleman」の公式アプリがプリインストールされており、Coleman公式のオンラインショップやアウトドア関連のコラム、Colemanの正規取扱店の一覧などのコンテンツへ一発でアクセス可能です。

No image

Colemanアプリ

その他には、今回のColeman限定モデルには限定の壁紙3種プリインストールされています。(そのうち2つがランプなのがColemanらしいですね)

No image

Colemanモデル限定の壁紙

そして、ちょっとした小ネタですが、昨今のスマホやケータイではすっかりお馴染みの機能である「簡易ライト」アプリのスイッチのマークが一般的なスマホでは懐中電灯のマークのはずが、本機ではColemanのシンボルマークでもある「ランプ照明」のマークになっています。

No image

『簡易ライト』アプリの画面。スイッチのところにColemanのシンボルマークであるランプが表示されている。こういった小さなところにも拘っていると、使う方もなんだか嬉しいものですね

〇欲しいと思ったら急ごう!

今回紹介した、「TORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01」ですが、2021年5月5日までの予約受付分まで限定販売で、この日までの受付分をもって販売終了予定となっています。販売はauオンラインショップか、au直営のショップのみの取り扱いで、量販店や直営でないauショップでは購入不可。

TORQUE G03のコラボモデルの時も限定300台のみと非常にレアなスマホだっただけに、今回のColemanコラボレーションモデルも、今後、新たに入手ができないと考えると、非常に貴重な1台となりそうです。

一般的に販売されているスマートフォンとしては非常に珍しいカモフラージュ柄(しかも筆者としては赤というのがとてつもなく大きい)という本体カラーに筆者は強く惹かれたのですが、それだけではなく、アウトドア向けに強いスマートフォンのTORQUEとアウトドア用品の大手のColemanとのコラボは、非常に相性の良い組み合わせかと思います。

販売受付終了までは残りわずかです。気になった人は買って損なし!な拘り満載のスマホとなっていますよ!

No image

最後にガラホ版TORQUE X01とペアショット。過酷なレジャーにダブルTORQUEとかいかがでしょう?

TORQUE 5G Coleman LIMITED KYG01

河童丸

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加