コロナで苦境“豆柴カフェ”SNS発信で徐々に客足が

コロナで苦境“豆柴カフェ”SNS発信で徐々に客足が

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

可愛いワンちゃんと触れ合えるカフェ。徐々に客足が戻ってきたわけとは。

カメラに興味津々。そのふとした仕草が愛らしい小型犬の豆柴。東京・浅草の豆柴カフェが開店する前の一コマ。

豆柴と思う存分に触れ合える豆柴カフェもコロナ禍で翻弄(ほんろう)されている店の一つです。

浅草の豆柴カフェ・菊地沙織店長:「窓を増設したのと、換気扇も元々なかったが新しく付けた」

それでも系列の4店舗が店を閉じるなど厳しい台所事情が続きます。

浅草の豆柴カフェ・菊地沙織店長:「以前、平日は4割から5割程くらい外国人のお客様がいらっしゃっていた印象。今はほぼ外国人のお客様は来ていない」

しかし最近、潮目が変わってきたといいます。きっかけの一つはSNS。豆柴の様子を発信し続けたところ、癒しを求めて客が徐々に戻ってきたのです。

そんな客を尻目に姿を現した途端、なんと豆柴たちが殺到する珍百景が…。店の常連です。

コロナ禍でも週1回、足しげく通う、その理由は…。

常連客:「支援したいというか、(豆柴カフェの)存続も心配だった。何とか助けになれればという気持ち」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加