中3と高3に時差登校導入 修学旅行は延期へ 福岡市教委

中3と高3に時差登校導入 修学旅行は延期へ 福岡市教委

  • 西日本新聞
  • 更新日:2021/01/14
No image

福岡県が緊急事態宣言の対象に含まれたことを受け、福岡市教育委員会は13日、受験を控える中学3年と高校3年の時差登校導入など市立学校の対応策を発表した。宣言を受けた市内一律の臨時休校や分散登校は行わない。

登校時の非接触型体温計での検温も実施。時差登校により、検温場所のほか通勤・通学時間帯の密を避ける狙いで、15日にも始める。さらに中3は午前中授業で給食後に下校。高3は例年通り、今月下旬から自宅学習に移行する。このほか、室内での合唱や調理実習といった感染リスクの高い教育活動は中止する。

修学旅行については、星子明夫教育長が13日の記者会見で「延期を中心に目的地の変更を含めて考えている」と説明。小学6年で今後、長崎への修学旅行を予定している学校が6校あるが、宣言期間中には実施しないという。中学の部活動は、公式大会以外は校内での活動に限定し、時間を短縮して行う。 (横田理美)

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加