『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』あの敵は登場せず ─ その理由を監督が明かす

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』あの敵は登場せず ─ その理由を監督が明かす

  • THE RIVER
  • 更新日:2021/11/25
No image

バイオハザード』の原点を描く新たな映画、『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が日本公開に先駆けて、2021年11月24日より米国公開される。この度、『バイオハザード2』『バイオハザード RE:2』でおなじみのキャラクター、ミスターXことタイラントが本作に登場しないことが判明した。

ゲームに忠実な映画化として注目を集めている本作の舞台は、アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。T-ウィルスによりラクーンシティが爆心地と化し、クレア&クリス・レッドフィールドらがアンブレラ社の秘密の人体実験に迫っていく。ふたりのほかには、ジル・バレンタインやアルバート・ウェスカー、レオン・S・ケネディらゲームのメインキャラクターたちが登場する。

本作で監督を務めたヨハネス・ロバーツはもともとゲームのファンであり、『バイオハザード』の1作目をはじめ、『バイオハザード RE:2』が本作に多大な影響を与えたことを過去に明かしていた。しかし、同作で主人公たちを容赦なく追いかけ回したタイラント、ミスターXは登場しないのだという。Comicbook.comのインタビューにてロバーツ監督は、ミスターXを映画に登場させる計画が存在していたと認めながらも、「その方法が見つかりませんでした」と実現に至らなかった理由を説明している。「ただ好きな場面を使うのではなく、映画としてきちんと成立させなければならないのです」。

ミスターXは残念ながら本作に登場しないようだが、ゲームと映画版の比較動画やすでに公開されているふたつの予告編(1,2)から見てわかるように、クレアとクリスらといったメインキャラクターたちの登場だけでなく、ゲームファンが喜ぶであろう要素はたくさんありそうだ。「運転手が食べているハンバーガーからトラックのデザインまで、すべてのフレームにゲームのディテールが盛り込まれています。スペンサー・マンションやラクーンシティ警察署も原作の仕様に合わせて再現しました」。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)全国ロードショー。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式サイト

Minami

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加