城島地区 デイキャンプで自然体験 地域住民ら約30人が参加〈平塚市〉

城島地区 デイキャンプで自然体験 地域住民ら約30人が参加〈平塚市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

城島地区の地域資源活用による交流型体験の里づくり実行委員会(石塚崇委員長)が主催する「里まなびデイキャンプ」が8月に開催され、地域住民ら約30人でにぎわった。おおすみ地域教育力ネットワーク協議会、草木循環Labo協力。

城所の風土や歴史に触れながら、遊びを通じて自然を体験する夏休みのイベント。当日、参加者は城所公園を出発し、浄心寺、砲台跡などを巡りながら地元の歴史に耳を傾けた。公園に戻ると竹細工の体験教室が開かれ皿やコップを制作。竹の飯ごうを使って炊いた米でカレーを作り、自分たちが制作した食器を使って夕食を囲んだ。石塚委員長に葉っぱでロケットを作る昔ながらの遊びを教わった子どもたちは、「やった、飛んだ」と歓声を上げていた。

No image

参加者で協力して竹飯ごうで米を炊いた

タウンニュース平塚版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加