【100均レビュー】 ダイソー「つかみどりゲーム」、1人でも2人でも楽しめるクオリティーがすごい!

【100均レビュー】 ダイソー「つかみどりゲーム」、1人でも2人でも楽しめるクオリティーがすごい!

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/06/10
No image

時間を忘れて夢中になって遊べるおもちゃ遊び。家で過ごすことが増えたこともあり、親子で一緒に楽しんでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ダイソーの“つかみどりゲーム”を2商品ピックアップ。100円とは思えないクオリティーの商品を一緒にチェックしていきましょう。

魚が口をパクパクしながら回転! ダイソーの「スイスイさかな釣り」

便利度:★★★★☆(2人で対戦を楽しめる)
コスパ:★★★☆☆(ゼンマイ式だから電池がいらない)
面白さ:★★★★★(本当に魚を釣っているみたいで楽しい!)

まず紹介するのは、ダイソーの「スイスイさかな釣り」。どこか懐かしさを感じさせる魚釣りゲームです。

パッケージの中には、ゲーム機1台・釣り竿2本・魚12匹が入っていました。魚の顔をよく見てみると、ギョロっとした目が印象的。実は釣り竿の先にも顔がついていて、見た目の楽しさにもこだわっています。

遊び方は簡単。まず魚たちを池の穴にセットし、中央のゼンマイを時計回りに回します。すると魚たちが口をパクパクしはじめ、同時に土台がくるくると回転。魚の口の中に磁石が入っているので、同じく先に磁石がついた釣り竿でくっつけて釣り上げましょう。回っている間は、ずっと口を開け閉めしているから、タイミングの合わせ方がミソ。どちらが多く魚を釣り上げられるか、2人で対戦しながら遊べます。

便利度:★★★★★(楽しくお箸の練習ができる)
コスパ:★★★☆☆(2通りの遊び方が可能!)
面白さ:★★★★☆(1人でも2人でも楽しい)

次に紹介するのは、ダイソーの「お箸でお豆さんつかみゲーム」。楽しく遊びながら、お箸の練習ができてしまう商品です。

箱の中にはお箸とお皿、黄色と緑の色違いの豆が入っていました。実際に豆をつかんでみると、大人の私でも意外と苦戦。子どもだけでなく、大人もお箸の練習になるかもしれませんね。

遊び方は2通り。1つは2人でお箸と同じ色の豆を取り合い、先にすべて集めたほうが勝ちという遊び方です。もう1つは1人で楽しむタイムアタックゲーム。何秒でお皿にのせることができるか、ドキドキ感を楽しめます。遊んでいるだけなのに、知らず知らずのうちにお箸の練習に。親子で競い合いながら使い方を特訓しましょう。

1人でも2人でも遊べるダイソーの2商品。「スイスイさかな釣り」なら、ひたすら親子で対戦可能です。遊びにプラスの要素がほしいという方は、「お箸でお豆さんつかみゲーム」を購入してみては? みんなで盛り上がれば、白熱したおうち時間が過ごせますね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加