参院選 有識者が語る投票前の確認点

参院選 有識者が語る投票前の確認点

  • ATV NEWS
  • 更新日:2022/06/23

期日前投票も始まった参院選。当選した議員たちは国政のなかでどういう役割を担うのか、そして、投開票日に向けてどのような点を考慮して投票すべきなのか。有識者に、参議院の役割と投票前に確認すべき点を聞きました。

良識の府と呼ばれている参議院。衆議院と異なり解散しないため、議員は任期の6年間、日本が抱える課題にじっくりと向き合い、中立公正な審議をすることが期待されています。

No image

こうした参議院が担う役割は非常に大きいと、行政学を研究している青森中央学院大学の講師、山谷清秀さんは指摘します。

※青森中央学院大学 山谷清秀講師
「衆議院は内閣というのは距離が近い。そこで参議院が衆議院と違う立場から独立して『行政監視』ができるっていう点で参議院の意義がある」

No image

今回の参院選では、議員定数の半数にあたる124人が改選されます。主な争点は、物価高騰対策や外交・安全保障対策となっていますが、山谷さんは、これまでの選挙と比べて論点が十分に整理されておらず有権者にはわかりづらくなっていると指摘します。

※山谷清秀講師「物価下げてほしいというのはおそらく皆さん共通のテーマ(争点)ですし、いずれの政党も下げましょうという方向に動きますので、なかなかそれが争点になりにくいのかと思います」
このため、山谷さんは、各政党が打ち出す具体的な対策の違いを確認することが大切だとしています。主要な9つの政党のなかで物価高騰対策の公約として消費税の減税や廃止を打ち出しているのは、立憲民主党・共産党・れいわ新選組など7つの政党ですが、党によって減税の期間などが異なります。

No image

こうした違いを知る第一歩として、山谷さんは自分の考え方に近い政党を調べることができるWEBサイトを活用することも手段の一つとしています。

※山谷清秀講師「各新聞社がインターネット上で作っている。いくつかのクイズに答えていくんですが、自分の関心事と適合度が1%でも高いほうに選んでいただくか、あるいはこっちだけにはなってほしくないというのを選ばないかが選択肢になっていくと思います」

No image

参院選で一票を投じる前に、いま一度、各政党、各候補者の訴えに耳を澄ませて、私たちの暮らしの将来像に思いを巡らせてみることが大切です。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加