久保建英ミドル弾、上田綺世2発! 森保ジャパン、シリア戦3-0リードで前半終了

久保建英ミドル弾、上田綺世2発! 森保ジャパン、シリア戦3-0リードで前半終了

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2023/11/22
No image

シリア戦3-0リードで前半終了【写真:Getty Images】

中立地のサウジアラビアで実施

日本代表は現地時間11月21日に2026年北中米共催ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選第2戦、中立地サウジアラビアで行われたシリアとのアウェーゲームに臨み、MF久保建英が先制ゴールを奪いFW上田綺世が2得点して3-0のリードでハーフタイムを迎えた。

日本は16日にホームで行われた初戦ミャンマー戦に5-0で快勝。森保一監督はそのゲームでハットトリックしたFW上田綺世と、前半のみ出場のDF谷口彰悟を除く9人のスタメンを入れ替えた。主将のMF遠藤航をアンカーに、MF守田英正とMF久保建英がインサイドハーフ。右にFW伊東純也、左にFW浅野拓磨が開いて中央に上田が構えた。一方のシリアは初戦で北朝鮮と中立地サウジアラビアで対戦して1-0の勝利を収めている。

立ち上がりから敵陣でゲームを進める日本は前半6分、久保のスルーパスをペナルティーエリア内で受けた上田が角度のないところから右足シュート。相手GKにセーブされたものの、相手ゴールを脅かすスタートになった。押し込んでいる展開の中で前半24分にはコーナーキックからニアで守田がコースを変えた後に上田がヘディングで狙ったが、こぼれ球も含め押し込めず。上田のシュートの時点で相手GKと近接していた浅野がオフサイドとなり先制のチャンスを逸した。

そうしたなかで迎えた前半32分、右サイドから組み立てて完全に押し込んだあとに相手の最終ラインの前でボールを受けた久保が、中央に持ち出して左足ミドル。これがニアサイドに突き刺さって日本が先制点を奪った。さらに同37分、攻撃参加したDF伊藤洋輝のクロスをファーサイドで伊東が折り返し、中央の上田が蹴り込んで2次予選2試合連続ゴールとなる2点目。同40分には右サイドからパスワークで侵入し、伊東のラストパスを上田が押し込んで3-0とリードを広げ前半を終えた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加