金曜ロードショー:2週連続スタジオジブリを締めくくるのは映画『紅の豚』! ツイッターでは特別映像も公開中だよ~!

金曜ロードショー:2週連続スタジオジブリを締めくくるのは映画『紅の豚』! ツイッターでは特別映像も公開中だよ~!

  • Pouch
  • 更新日:2022/01/14
No image

「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」

この、誰もが知ってる名台詞でおなじみ、ジブリ映画『紅の豚』を地上波ノーカットでお届け! 本日2022年1月14日夜9時から日本テレビ系『金曜ロードショー』にて放送されます。

映画のキャッチコピーである「カッコイイとは、こういうことさ。」を体現した主人公、ポルコ・ロッソ。

彼の生き方と彼を取り巻く人々の魅力に、心ゆくまで酔いしれましょう〜♪

【あらすじ】

物語の舞台は1920年代、世界大恐慌真っただ中のイタリア・アドリア海。

「空賊(※空の盗賊)相手の賞金稼ぎ」として気ままな暮らしを謳歌するポルコは、かつてイタリア軍のエースパイロットとして活躍。当時は人間でしたが、今は豚に姿を変えています。

ある日のこと、昔なじみのジーナが営むホテル・アドリアーノを訪れたポルコは、空賊の用心棒でアメリカ人のカーチスに遭遇。

これをきっかけに、周囲の女たちをも巻き込んだ、男同士の空中対決へと発展するのです……!

【あなたはジーナ派? それともフィオ派?】

『紅の豚』におけるキーパーソンは、対照的な2人の女性。

1人目は、未亡人の女性実業家・ジーナ。 “飛行艇乗りたちのマドンナ” とも言うべき存在で、「アドリア海の飛行艇乗りは、みんなジーナに1度は恋をする」とまで言われているほど!

豚になる以前のポルコを知る、数少ない人物でもあります。

2人目は、若き飛行艇整備士・フィオ。

わずか17歳でありながらも才能あふれた、まっすぐで勇敢な性格の持ち主。飛行艇を通して、ポルコともゆるぎない信頼関係を築いていきます。

それぞれ立場は違うけれど、2人ともポルコに思いを寄せている様子。

ポルコ、ジーナ、フィオ、そしてカーチス。4人の恋模様にも注目です!

【特別映像に癒やされよう♪】

放送に先がけて、『金曜ロードショー』公式ツイッターでは特別映像を公開中。

第1弾映像は、ファンにとってはおなじみ、空賊・マンマユート団が幼い少女たちに翻弄される「わちゃわちゃ」シーン。

実は少女たちは「人質」なのですが、緊迫感や悲壮感は皆無。

空賊のほうも、好き勝手に行動する少女たちに優しく接しており(というか、もみくちゃにされてる)、ほっこりすること間違いなしです。

本編鑑賞前に、ぜひご覧になってみてください♪

参照元:日本テレビ(1)(2)(3)Twitter @kinro_ntv
執筆:田端あんじ (c)Pouch

金曜よる9時は、 #紅の豚 🐽
【特別映像:その①🐷】

放送を楽しみにしてくれている方に
人質の子供達がワチャワチャするシーンを
少しだけお見せしちゃいます😌ワクワク😆💕 pic.twitter.com/cguVskORDu
— アンク@金曜ロードショー公式 (@kinro_ntv)
January 12, 2022
from Twitter

動画・画像が表示されていないときはこちらから

田端あんじ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加