【MLB】大谷翔平は「エリートな礼儀正しさ」 雄たけび連発の裏で...“人間性”に称賛の声

【MLB】大谷翔平は「エリートな礼儀正しさ」 雄たけび連発の裏で...“人間性”に称賛の声

  • フルカウント
  • 更新日:2022/06/23
No image

今季6勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

8回2安打無失点、13奪三振の快投で今季6勝目を挙げた

■エンゼルス 5ー0 ロイヤルズ(日本時間23日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、本拠地で行われたロイヤルズ戦に先発して8回2安打無失点13奪三振の快投で6勝目を挙げた。再三雄たけびを上げる気迫こもった投球の一方で、ボールを受け取る際には帽子に手をやりペコリ。いつも通りの礼儀正しさにも注目が集まっている。

ピッチングニンジャの愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマンは「ショウヘイのエリートな礼儀正しさ」として一連の行動を紹介。ファンは「オオタニのことが本当に大好き」「行動に関する高度なスタッツはどこ?」と惚れ惚れだ。

また7回の第4打席では見逃し三振に倒れたが、最後の球は内角のストライクゾーンを外れたかに思われた。SNSの投稿では「オオタニはイライラしているときでさえ、とても礼儀正しい」「間違いを指摘するときもしっかり敬意を示す」と“人間性”が称賛されていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加