自宅で本格的なドリップコーヒーに挑戦できる「Perianth」

自宅で本格的なドリップコーヒーに挑戦できる「Perianth」

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2020/11/21

一度ハマると、抜けられない魅力を持つコーヒー。器具にこだわるなら、バリスタ王者がオススメする「Perianth(ぺリアンス)」をチェックしてみませんか?

No image

Image: mon luxe

こちらは、花のつぼみがモチーフになったデザインのコーヒードリッパー。紙フィルターが不要で、表面にはチタンコーティングが施されています。初心者でも、手軽に本格的なコーヒーを楽しめるとあり、自宅でハンドドリップに挑戦したい方にもうってつけです。

現在、machi-yaで実施中のプロジェクトは終了間近。改めて、その魅力や特長をご紹介します。

チタンコーティングでコーヒー本来の味を楽しむ

No image

Image: mon luxe

近年、チタン素材の人気が高まっています。その理由は、チタン独自の特性にあり。「軽量」「無味無臭」「低アレルギー」など、さまざまな利点が挙げられます。

コーヒーに注目した場合、金属のニオイや味がコーヒーに移らないのは大きなメリット。コーヒー豆本来の味が楽しめます。

余計なゴミが出ない

No image

Image: mon luxe

また、フィルターが不要なところも大きな魅力の1つ。挽いたコーヒー豆を直接入れてお湯を注ぐだけで、手軽においしいコーヒーが楽しめます。

従来のフィルターには、コーヒーのコクに関わる油分を吸ってしまうというデメリットが。一方、フィルター不要の「Perianth」なら、その点は心配ありません。余計なゴミも出ず、フィルターの費用を抑えられるところも嬉しいですね。

専用のグラスポット付き

No image

Image: mon luxe

今回のプロジェクトで用意されているリターンには、専用のグラスポットが付属。透明なので、ドリップ中の様子が楽しめます。味だけではなく、雰囲気作りにも一役買ってくれますよ。

「Perianth」は、専用のグラスポット付きで一般販売価格11,500円のところ、10%OFFの10,350円(消費税・送料込み)から支援可能です。フィルター要らずのドリッパーをお探しの方、プロジェクト終了前にぜひチェックしてみてください。

>>バリスタ王者おすすめ。チタンコーティングドリッパー

Image: mon luxe

Source:machi-ya

島津健吾

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加