GoogleがEpic Gamesに「契約に違反して独自のアプリ内課金を実装した」と反訴

GoogleがEpic Gamesに「契約に違反して独自のアプリ内課金を実装した」と反訴

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/10/14
No image

Epic Gamesから独占禁止法で訴えられていた一件について、Googleが「Android版『フォートナイト』に独自決済システムを実装したのは契約違反だ」と反訴状を提出していたことがわかりました。

UNITED STATES DISTRICT COURT NORTHERN DISTRICT OF CALIFORNIA SAN FRANCISCO DIVISION IN RE GOOGLE PLAY STORE ANTITRUST LITIGATION

(PDFファイル)https://storage.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.cand.364325/gov.uscourts.cand.364325.182.0.pdf

Google says Fortnite’s in-app purchase swap was a breach of contract, sues Epic | Ars Technica

https://arstechnica.com/gadgets/2021/10/google-countersues-epic-games-for-lost-play-store-money/

Google launches countersuit against Epic Games - 9to5Google

https://9to5google.com/2021/10/12/google-epic-games-countersuit/

現地時間2021年10月11日にGoogleが提出した反訴状によると、Epic Gamesは「フォートナイト」のアプリ内課金においてGoogle Play Billing以外の決済システムを実装したバージョンをGoogle Play上で公開しており、Google Playの開発者配布契約およびGoogle Play Billingのポリシーに違反していたとのこと。

この一件を理由にGoogleは2020年8月に「フォートナイト」をGoogleストアから削除しましたが、Googleの主張によると削除以前に「フォートナイト」をダウンロードしていたユーザーについては削除後もEpic Gamesの独自決済システムを扱える状態が続いていたそうで、このことは「Googleとの契約によって取り決められたサービス料金を回避する行為」とのこと。

以上の理由からGoogleは「Epic GamesはGoogleから不当に利益を得ていた」と主張し、一連の事態に損失の補償に加えて損害賠償を求めています。

今回Googleが反訴状を提出したのは、Apple対Epic Gamesの裁判で「Epic GamesがAppleのガイドラインに違反しながら『フォートナイト』に独自決済システムを実装した点についてはEpic Games側に非がある」として、Epic Gamesに対して損害賠償金を命じる判決が出た直後というタイミングで、今回のGoogleの動きもこの判決を受けてのものだとみられています。

No image

AppleとEpic Gamesの訴訟で「App StoreはApple以外の支払い方式も認めるように」との判決が下る、一方でAppleの勝利という声も - GIGAZINE

Epic GamesはGoogleの反訴状に関してコメントを控えている状況ですが、上記のApple対Epic Gamesの裁判については、Apple側もEpic Games側もそれぞれ判決を不服として控訴を行っています。

No image

AppleがEpic Gamesとの訴訟の判決を不服として控訴、App Storeでサードパーティーの支払いが利用できるタイミングが遅れる可能性 - GIGAZINE

No image

Epic GamesがAppleとの訴訟の判決を不服として控訴 - GIGAZINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加