柏原で積雪30cm、青垣は54cm 物損事故23件、通行止め相次ぐ 農業用ビニールハウスの倒壊も 兵庫・丹波

柏原で積雪30cm、青垣は54cm 物損事故23件、通行止め相次ぐ 農業用ビニールハウスの倒壊も 兵庫・丹波

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2023/01/25

今季最強の寒波の影響で、兵庫県丹波地域は25日、大雪となった。大雪警報が出された丹波市では多い所で50センチ超の積雪を観測。学校の休校、鉄道の運休や遅れ、道路の通行止めが相次ぎ、農業用ビニールハウスが倒壊するなどの被害が出た。

No image

激しく雪が降るJR柏原駅前=丹波市柏原町柏原

前日夕から降り続いた雪で、同市柏原町柏原では駐車場が雪に埋まり、多くの住民が車の雪落としに追われた。会社員の男性(42)は雪かき棒を手に「すごい雪。会社は臨時休業になりました」と話した。

柏原商店街にある自宅前で雪かきをしていた女性(62)は「解けて氷になったら怖いから、早めに雪かきしないと」と、近くの川まで何度も往復して雪を運んだ。「いい運動にはなったけど、もうそろそろ限界」と一息ついた。

県が公表する幹線道路沿いの積雪情報(25日午前9時時点)によると、同市青垣町遠阪で54センチ、青垣町中佐治で47センチを記録。丹波、丹波篠山両市の消防本部の観測によると、丹波市柏原町母坪で30センチ(25日午前7時時点)、丹波篠山市北で14・5センチ(同)に達した。10年に1度とされる冷え込みで、最低気温は丹波市柏原町柏原で今季最低の氷点下5・8度。丹波篠山市北で同5・7度だった。

丹波署、篠山署管内では、路面凍結や積雪が原因とみられる物損事故が計23件発生(午後5時現在)。丹波土木事務所などによると、京都府福知山市の国道175号でトラックが立ち往生し、丹波市市島町中竹田-下竹田間(約2・3キロ)が午前1時20分ごろから約10時間にわたって全面通行止めになった。国道429号の同市青垣町大名草の約4キロが通行止めになっている。JR福知山線篠山口-福知山駅間では、普通列車の上下線計6本が、特急こうのとりの上下線計10本が、それぞれ運休した。

丹波市農林振興課によると、市島、春日両地域で農業用ビニールハウスが少なくとも計4棟倒壊したとの情報が寄せられた(午後5時現在)。丹波市はごみ収集作業を見送った。

午前中まで大雪警報が発令された丹波市内では、全ての小中学校と県立高校が休校となった。丹波篠山市では小中学校と篠山養護学校計10校が休校、始業を遅らせた学校もあった。県立高校は篠山東雲高を除く、2校が休校した。

篠山中学校は、積雪の状況から通学困難と判断して、臨時休校に。出勤した教職員らが、通路や駐車場などの雪かきに汗を流した。細見博文校長も作業に加わり、「こんなに積もるのは5年ぶりくらい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加