ドイツの対ロシア輸出、22年は03年以来の水準に急減 制裁が影響

ドイツの対ロシア輸出、22年は03年以来の水準に急減 制裁が影響

  • ロイター
  • 更新日:2023/01/25

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツ東欧経済関係委員会の暫定データによると、ドイツの対ロシア輸出は2022年に前年比45%減少し、146億ユーロ(約159億ドル)となった。ウクライナ侵攻を受けた対ロ制裁の影響で、03年以来の水準に落ち込んだ。

No image

1月24日、ドイツ東欧経済関係委員会の暫定データによると、ドイツの対ロシア輸出は2022年に前年比45%減少し、146億ユーロ(約159億ドル)となった。写真は独ボルフスブルクの工場。2020年4月、代表撮影(2023年 ロイター)

一方、ロシアからの輸入は石油・ガス価格高を背景に、11%増の約370億ユーロとなった。

対ロシア貿易赤字は過去最高の約220億ユーロに達した。

輸出の落ち込みは自動車や自動車部品、電気工学製品で顕著だった。欧州連合(EU)の制裁から除外されている医薬品や農業機械は依然として輸出の上位を占めた。

同委員会のエグゼクティブディレクター、ミハエル・ハームス氏は「対ロシア輸出の見通しは依然として暗い」と語った。

ドイツが現在ロシアからエネルギー原料をほとんど輸入していないことから、貿易赤字は大幅に減少するとの見通しを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加