『キングダム』中国史監修者が登壇!『兵馬俑と古代中国』を100倍楽しむためのオンライントークイベント開催決定

『キングダム』中国史監修者が登壇!『兵馬俑と古代中国』を100倍楽しむためのオンライントークイベント開催決定

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2022/11/25
No image

『新説始皇帝学』(カンゼン)の著者である鶴間和幸氏が、2022年12月8日(木)に開催されるオンライントークイベント『「兵馬俑と古代中国」展示を100倍楽しむ!中国古代史・始皇帝研究の第一人者が語る「魅力」と「謎」』に登壇する。

この記事の写真を見る(全2枚)

古代中国史の魅力に浸ろう

No image

『新説始皇帝学』 鶴間和幸/カンゼン

『新説始皇帝学』の著者である鶴間氏は、2022年11月22日(火)から2023年2月5日(日)まで上野の森美術館で開催される『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』の監修と図録の制作を行った。また、大人気映画『キングダム』の中国史監修も務めた、始皇帝を中心とした秦漢時代の研究における第一人者だ。

カンゼンと丸善ジュンク堂書店が共催するオンライントークイベントでは、鶴間氏が古代中国の魅力と謎を語り尽くす。出土品から読み取れる当時の文化や生活、古代中国史の基本、さらには『兵馬俑と古代中国』展示の見どころについてもわかりやすく解説する。

鶴間和幸プロフィール

No image

鶴間和幸

鶴間和幸(つるま・かずゆき)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。
茨城大学教養学部助教授として務めたあと、1985年よりおよそ1年間、中国社会科学院歴史研究所外国人研究員として中国にて研究・調査。1996年より学習院大学文学部史学科で教授を務め、現在は学習院大学名誉教授・専門は中国古代史。映画『キングダム』では中国史監修を務める。著書は『人間・始皇帝』(岩波新書)、『ファーストエンペラーの遺産 泰漢帝国』(講談社)など多数。

『「兵馬俑と古代中国」展示を100倍楽しむ!中国古代史・始皇帝研究の第一人者が語る「魅力」と「謎」』

【開催日時】2022年12月8日(木)19:30~21:00
【チケット】視聴チケット:1,100円/書籍付き視聴チケット:2,750円
【イベント内容】
・押さえておきたい古代中国史の基本
・古代中国の日本への文化的な影響(食べ物、風習など)
・「兵馬俑と古代中国」展示の見どころ

QJWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加