北陸電力 志賀原発の追加調査の方針示す

北陸電力 志賀原発の追加調査の方針示す

  • 北日本放送
  • 更新日:2022/01/14
No image

北陸電力は再稼働を目指す石川県の志賀原子力発電所について、新たにボーリング調査をするなど追加調査の方針を示した。

北陸電力が再稼働を目指している石川県の志賀原子力発電所について、新規制基準と適合するかを審査する原子力規制委員会の会合が14日に開かれました。北陸電力は、去年の現地調査での指摘を踏まえ、新たにボーリング調査をするなど追加調査の方針を示しました。

審査会合は、去年11月の現地調査後、初めて開かれ、オンラインで出席した北陸電力が、追加調査の方法や日程について説明しました。

現地調査は、敷地内の断層に「活動性がない」とするこれまでの北陸電力の主張が妥当かどうかを見極めるため行われ、訪れた原子力規制委員会の石渡明委員は、原発敷地に最も近い活断層の福浦断層について、2本に分かれた断層が大坪川ダムで1本に合流する根拠が希薄だと指摘し、断層の南の端を明らかにするよう求めていました。

14日の会合で北陸電力は、新たに3つの地点でボーリング調査を行い、南の端を確認する方針を示しました。

また、2号機の原子炉建屋の真下を走るS4断層については、断層位置が判別できないなどと指摘を受けていて、14日は、追加で溝を掘削するほか、ボーリングで採取した断層の薄片を分析する鉱物脈法で活動性を否定する方針を示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加