福士加代子、周回遅れで最下位 5000メートル挑戦は「やりたくなったら」/陸上

福士加代子、周回遅れで最下位 5000メートル挑戦は「やりたくなったら」/陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/03

陸上・日本選手権1万メートル(3日、静岡スタジアム)東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、女子は5大会連続出場が懸かる福士加代子(ワコール)が34分00秒53で最下位の19位だった。周回遅れとなった39歳のベテランは「全然勝負にならなかったけど、(観客に)見守られて完走できてよかった」と振り返った。5000メートルで五輪を目指す道も残されているが「まだ分からない。やりたくなったら、やるかなという感じ」と話すにとどめた。

No image

笑顔でフィニッシュした福士加代子=3日、静岡スタジアム(桐山弘太撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加