<おちょやん>(第106話・5月3日放送) 千代の提案で雰囲気一変 「家族」への第一歩

<おちょやん>(第106話・5月3日放送) 千代の提案で雰囲気一変 「家族」への第一歩

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/05/02

劇団を辞めて失踪していた千代(杉咲花)は、人気漫才師・花車当郎(塚地武雅)の熱心なオファーにより、NHK大阪放送局のラジオドラマ「お父さんはお人好し」の出演を決めた。同居している継母の栗子(宮澤エマ)や姪っ子の春子(毎田暖乃)からも背中を押され、女優へ復帰しようと決心する。

「お父さんはお人好し」は、大阪で果物屋を営む夫婦と、12人の子どもたちが巻き起こす喜怒哀楽のホームドラマ。千代と漫才師の当郎が夫婦役だった。

■初めての台本の読み合わせの日

初めての台本の読み合わせの日。12人の子どもたちと夫婦があつまったが、皆の雰囲気が堅苦しい。

すると千代が役者たちに提案する。

千代「本当の家族みたく、お互いに役の名前で呼び合いまへんか?」

すると当郎をはじめ、子どもたちも大賛成する。

しかし、長女・京子だけが緊張していて、余裕のない表情のまま台本に目を落としていた。(NHK総合あさ8時放送)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加