BMW「M3ツーリング」ついに世界初公開! M3の歴史で初めてのワゴンは510馬力で最高時速280km!

BMW「M3ツーリング」ついに世界初公開! M3の歴史で初めてのワゴンは510馬力で最高時速280km!

  • VAGUE
  • 更新日:2022/06/23

510馬力・650Nmの3リッター直6ツインターボでを搭載

ドイツBMW M社(BMW M GmbH)は2022年6月22日、新型「M3ツーリング(M3 Touring)」を世界初公開しました。

No image

BMW新型「M3ツーリング」

新型M3ツーリングは、セダン、クーペ、コンバーチブルに次いでM3/M4シリーズに追加された4番目のボディタイプとなります。

【画像】3シリーズ最強ワゴン誕生! 世界初公開のBMW新型「M3ツーリング」を画像で見る(32枚)

従来、M特有のパフォーマンスと広いスペースを持つツーリングモデルの組み合わせは、BMW「M5」専用でした。今回登場するM3ツーリングは、M3の歴史上はじめてのツーリングモデルになります。

新型M3ツーリングは、M3/M4のコンペティションモデル用として開発された、510馬力・650Nmを発生する3リッター直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは先日発表された耐久レースカー「M4 GT3」用エンジンのベースとなるものです。

組み合わされるトランスミッションは8速Mステップトロニック(8速AT)で、駆動方式はMxDrive(4WD)です。

この結果、0−100km/h加速は3.6秒、0−200km/h加速は12.9秒、そして最高速度は250km/h(リミッター)、Mドライバーズパッケージを選択すると最高速度は280km/hとなります。

電子制御式ショックアブソーバーを備えたアダプティブMサスペンションと可変レシオのMサーボトロニックステアリングが標準装備されています。さらにブレーキは標準のMコンパウンドブレーキシステムのほか、オプションでMカーボンセラミックブレーキも用意されます。

駆動方式は4WDですが、2WDモードも選択できます。標準装備のMトラクションコントロールの2WDモードでは、10段階のホイールスリップが選択でき、ドリフトも用意にこなすということです。

新型M3ツーリングはそんな優れたパフォーマンスだけではなく、日常仕様や長距離の移動でも快適性を保っているといいます。最終テストはニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)サーキットだけではなく、カントリーロードや都市でも実施されました。

後席は40:20:40の分割可倒式で、荷室容量は後席使用時で500リッター、最大1510リッターを確保。さらにトランクフロア下に収納コンパートメントを用意します。

ボディサイズは全長4794mm×全幅1903mm×全高1436mm、ホイールベースは2857mm。欧州では2022年9月から注文を開始、同年11月から生産される予定です。

新型M3ツーリングは、BMWグループ・ミュンヘン工場でM3セダンなどと一緒に生産されます。

VAGUE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加