山之内すず“アンチ急増”で女性の敵に?イメージ悪化の要因は...

山之内すず“アンチ急増”で女性の敵に?イメージ悪化の要因は...

  • まいじつ
  • 更新日:2020/11/20
No image

(C)Dean Drobot / Shutterstock

若年層から絶大な支持を受けて、大ブレークを果たしているタレントの山之内すず。しかし早くも、世の女性たちが〝警戒〟を始めているようだ。

【関連】元女流棋士・竹俣紅にアンチ急増中!?「チヤホヤされたいんだろうな…」ほか

山之内は、インスタグラムやTikTokから人気に火がついた、まさに現代の申し子。人気のきっかけを見るからに、男性人気よりも、女性人気が高そうに見えるのだが…。

「圧倒的な美少女でありながら、さっぱりとした明るい性格であるため、橋本環奈のように女性アンチが少ないような印象はありました。しかし最近、彼女が出演している番組の評判を見ると、どうも怪しい雰囲気が漂っているのです」(芸能記者)

山之内は、11月14日放送の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)に出演。〝若者に人気のエモいレトロカルチャー〟を紹介するロケを担当し、まさにうってつけの役割を果たしていった。

山之内すずゴリ押しイメージで好感度がピンチ?

しかしネット上では、

《山之内すずとかいう女のゴリ押しひどすぎ》《山之内すず、ゴリ押しって言われてるの笑う。さっき世界一受けたい授業でレコードを知らないような発言してたのドン引きした。若者だから知らないぶってんの? ただの無知じゃん》《好きな人いたらあれだけど、山之内すずって嫌いなんだよね》《山之内すず嫌いなんか無理》《山之内すずって何する人?(ごり押しイメージしかない)》

と、拒否感を示す声が多くあがっているのだ。

「最近の露出の多さから、〝ゴリ押し〟だと感じる人が多く、アンチが増えているようです。特に山之内のようなかわいい系の女性には、女性アンチがつきやすい。既に検索エンジンでの関連ワードには、『ゴリ押し』『かわいくない』といった言葉も並び始めており、アンチの声が強くなってきています。いまはまだ、表立って山之内を批判しづらい空気がありますが、広瀬すず、土屋太鳳、吉岡里帆のように、アンチの声がいつか爆発する可能性はありそうですね」(同・記者)

ある意味、アンチの増加は〝大スター〟になる前触れとも言える。わずか3年ほど前はただの一般人だった彼女が、ここまで成長するとは…。本人もかなり戸惑っているだろう。

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加