山梨道志村で発見の肩甲骨、不明の小倉美咲さんとDNA型が一致

山梨道志村で発見の肩甲骨、不明の小倉美咲さんとDNA型が一致

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/05/14
No image

山梨県道志村の山中で見つかった肩甲骨は、DNA型鑑定の結果、行方不明になっている小倉美咲さんのDNA型と一致したことがわかった。

【映像】発見の骨「血縁関係矛盾なし」のワケ 元科捜研が分析

警察は、道志村の山中の涸れた沢で今月4日に見つかった人の右の肩甲骨のDNA型鑑定を進めていた。その結果、3年前に近くのキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さん(当時7歳)のDNA型と一致したと発表した。

現場周辺ではこれまで肩甲骨のほか、頭の骨などが見つかっている。頭の骨については、個人を特定できるDNA型鑑定ができず「ミトコンドリアDNA型鑑定」という方法で調べ、「美咲さんの母親と親族関係にある人物として矛盾はない」という結果が出ていた。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加