めちゃイケ元P・明松功氏 衝撃受けた「めちゃイケ」伝説企画の台本「これ面白い...1人で読みふけった」

めちゃイケ元P・明松功氏 衝撃受けた「めちゃイケ」伝説企画の台本「これ面白い...1人で読みふけった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

フジテレビで22年続いた人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」のプロデューサーを務め、「ガリタ食堂」の企画への出演でも知られた明松功(かがり・いさお)氏(51)が22日放送のTOKYO MX「サウナの神様」(木曜後9・25)に出演。「めちゃイケ」に異動になった時の心境を明かした。

No image

人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」のプロデューサーを務め、「ガリタ食堂」の企画への出演でも知られる明松功氏

明松氏は1995年に入社し、編成制作局バラエティ制作部に所属し、音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」などを担当。その後、大人気バラエティー「めちゃ2イケてるッ!」にディレクターとして参加。プロデューサー転身後、16年6月28日付で営業局へ異動となり、番組を離れた。現在は同局を退職し、大学時代の後輩と合同会社KAZA2NAを設立している。

97年秋に「HEY!×3」から「めちゃイケ」に異動になった明松氏。あいさつしようと、「めちゃイケ」のスタッフルームを訪れると、そこには誰もおらず、ホワイトボードに「大阪ドームSMAP」と書いてあったそう。いわゆる「ナインティーナイン」岡村隆史のオファーシリーズ第1弾となった京セラドーム大阪でのSMAPのコンサートにジャニーズJr.として岡村が参加した伝説の企画のロケで出払っていたという。

スタッフルームには分厚い台本が置いてあったといい、「最初に岡村隆史、矢部浩之、中居正広って、台本全体のブレない立ち位置があって、始まったらト書きがたくさん。“このシーンをきっかけに岡村の立ち位置が微変更”みたいな、“中居に対して親近感を覚え始める”みたいな、ことが書いてありましたね」と回顧。そのち密な台本に驚いたといい、「“これ面白い!”って思いましたね。“これ、制作にゴリゴリ入っていけるやるやん!”っていう。そのワクワクは…。1人でスタッフルームで読みふけりましたね。衝撃的でした。(番組を見てもここまで書いてあるとは)わからなかったです。超やりがいあるなって思いましたね」と懐かしんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加