新型コロナ 県内7人感染 三重

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2021/10/14

三重県は13日、10歳未満―90代までの男女計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者が5人以上となるのは3日ぶり。県内の感染者は延べ1万4720人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、朝日町で3人、四日市市で2人、桑名市と津市で1人ずつ。朝日町の女性2人を除く四市町の男女5人について、今のところ感染経路が分かっていない。

朝日町の女性3人は同居家族。うち女子高校生が通っていた四日市市内の高校では生徒8人、10代女児が通っていた町内の小学校やスポーツの習い事では59人が、それぞれ検査を受ける見通し。

津市内の10歳未満女児は10日に発症し、12日に検査を受けたところ陽性と判明。9月上旬にも感染が判明していたという。女児が通っていた津市内の保育所では、園児19人が検査を受ける。

13日現在の病床使用率は10・6%となり、前日から0・7ポイントの低下。重症者用病床の使用率は前日と同じ5・9%。自宅療養者を含む入院調整中の感染者は43人となり、前日から1人減少した。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加