「鎌倉殿」義時、姉政子の息子孫4人を暗殺か 頼家実朝一幡公暁 最終回へ姉弟が不穏「政子も修羅の道」

「鎌倉殿」義時、姉政子の息子孫4人を暗殺か 頼家実朝一幡公暁 最終回へ姉弟が不穏「政子も修羅の道」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

NHK「鎌倉殿の13人」第45回から

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は次回27日に、第45回「八幡宮の階段」が放送される。先代鎌倉殿源頼家(金子大地)の次男公暁(寛一郎)が、叔父の三代鎌倉殿源実朝(柿澤勇人)襲撃を計画。自身も仇討ちの標的となる北条義時(小栗旬)だが、朝廷に近づきすぎる実朝を見限り、あえて公暁を泳がせた。弟時房(瀬戸康史)にだけは思惑を伝え、「これからは修羅の道」と述べた。

これにより義時が、頼家とその長男一幡に続き、実朝と公暁の落命にも関わることが濃厚となっている。

姉北条政子(小池栄子)の息子2人と孫2人を暗殺する形となり、ネット上は「政子、こんな最悪な状況で、追い討ちかけるように息子と孫をなくすの?」「息子と孫を見守るのが生きるよすがと言っていた政子姉上のことが心配」「政子の背中がさみしすぎる」と案じる投稿が集まる。

また「北条が生き残るため」と自身に言い聞かせるようにしてきた政子だが、最終回に向け弟義時との関係がどうなるのか注目する見方も。最期は義時が暗殺されるとの予想も出ており、「政子も修羅の道」「義時を見捨てないで政子」「義時を道連れにしたのは政子」「最終回の最期に繋がってくる」「最終回。政子の手によって義時は最後を迎えるのでは」「義時が誰かに暗殺されて鈴の音と共に終マーク」「最終回は政子が義時グッバイしても驚かない」とさまざまな見方が投稿されている。

【第45回「八幡宮の階段」】

京から大納言ら公卿を招き、鶴岡八幡宮で盛大に執り行われる源実朝(柿澤勇人)の右大臣拝賀式。泰時(坂口健太郎)が警固をする中、公暁(寛一郎)は門弟と共に木の陰に潜んでいた。御家人たちに交じり、状況を静観する三浦義村(山本耕史)。今後の鎌倉と自身の命運を賭し、儀式を見守る義時(小栗旬)と時房(瀬戸康史)。式を終えて楼門から出てきた実朝を公卿と源仲章(生田斗真)が迎えて整列すると、牡丹雪が降り積もる中…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加