[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:鵬翔MF森憲彰「ハードワークを磨いて粘り強く戦えるようにしたい」

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:鵬翔MF森憲彰「ハードワークを磨いて粘り強く戦えるようにしたい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/12
No image

九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。上位リーグのD1リーグBパート5位・鵬翔高(宮崎)からはMF森憲彰(1年=アリーバFC出身)が選出された。

―リーグ戦を振り返って。

「リーグを振り返ると、チーム全体的に『個』の部分が弱く、運動量が少ないことが目立ちました。普段の練習から意識高く取り組まなければ九州や全国の強豪校相手に戦えないことを痛感しました。

個人では、自分の特徴であるドリブルやキックの部分で良さを発揮できず、チームに貢献できず悔しい思いをしました。今後チーム全員で勝つために考え、一つ一つ壁を乗り越えて成長していきたいです」

―現在の課題と強み。

「全てにおいて最後の部分に課題が残りました。チャンスでのラストパスやクロスボール、ペナルティエリア内での勝負などゴール前でやり切らないといけない部分でやり切れず、逆に絶対やられてはいけないところで我慢強く守れず、集中を欠くことが多々ありました。今後はチームの特徴であるハードワークを磨いて粘り強く戦えるようにしたいです」

―目標とする選手。

「セルヒオ・ブスケツ選手、トニ・クロース選手です」

―今後の目標。

「今後の目標は、年明けの新人戦・高校総体のメンバーに絡めるように努力していきたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、鵬翔高)▼関連リンク

2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加