オリックス ZOZOで11連敗 今季3度目完封負け...西野プロ初の4番も不発

オリックス ZOZOで11連敗 今季3度目完封負け...西野プロ初の4番も不発

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

9回、攻撃に向かうナインを腕組みして見つめる中嶋監督代行(中央奥)

「ロッテ5-0オリックス」(14日、ZOZOマリンスタジアム)

オリックスは最後の打者・吉田正尚外野手が左飛に倒れて今季8度目の完封負け。ZOZOマリンでは昨季から11連敗となっただけでなく、3度目の0封とまったくいいところがない。

この日はジョーンズが下半身のコンディショニング不良を訴え、大事を取って球場入りせずに帰阪。代わって西野をプロ初の4番に据えるオーダーで臨んだが、不発。初回は2死二塁で遊ゴロ。四回1死一塁からヒットエンドランも二ゴロ併殺打に倒れた。結局、二木の前に散発の3安打に抑えられた。

中嶋聡監督代行は「まったく無抵抗のまま終わったっていうのは、本当にこんな試合して申し訳ないなという気持ちでいっぱいですね」と謝罪するしかなかった。借金はワーストを更新する23となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加