千鳥大悟 8年前に語っていたワイプ芸への本音 「そのままをいくよっていう宣言」

千鳥大悟 8年前に語っていたワイプ芸への本音 「そのままをいくよっていう宣言」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

お笑いコンビ「千鳥」の大悟(41)が20日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・15)に出演。8年前に語っていた「ワイプで愛想笑いしない」理由について、あらためて説明した。

No image

千鳥の大悟

番組では、8年前に千鳥を隠し撮りしたときの映像を紹介。当時は東京でブレークする前で、ノブ(41)は「東京のテレビって、ワイプでVTRを見るみたいな仕事多い。俺はまだ笑おうとしてる」というが、大悟は愛想笑いをしていないと指摘し「それをやめたら、東京で大悟も『かわいいやつ』ってなる」と分析。一方で、上京しても自分のスタイルを曲げない大悟に「頼もしい」「相当な勇気」とも。大悟は「大阪にいても東京にいてもそこは変わらず。おもしろいと思っている人が、おもしろくないことで笑っているのって、テレビ見てて嫌じゃなかったですか?ほんまにトップ取るには僕は必要やと思う」と持論を口にしていた。

8年前に漏らしていたワイプ芸への本音。この日のスタジオで当時の発言をあらためて振り返り「そのままをいくよっていう宣言やったってこと」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加