「巨人は手を出しにくいのでは」FAの目玉・森友哉の去就に橋上秀樹氏が見解!その理由は?

「巨人は手を出しにくいのでは」FAの目玉・森友哉の去就に橋上秀樹氏が見解!その理由は?

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/09/23
No image

(C)Getty Images

今季FA権を取得した西武の森友哉について、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルト、さらには侍ジャパンでコーチを務めたBCリーグ新潟アルビレックスBC監督の橋上秀樹氏が自身のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で語った。

【関連記事】西武・源田 前代未聞のトラブル噴出でささやかれる「流出危機」と「狙う球団」

森は今季前半に骨折で戦線を離脱していたものの、5月後半に1軍に復帰。ここまで打率.250、8本塁打、37打点(23日現在)と、首位打者を獲得した2019年のような本調子の成績とは言えないが、好調の西武投手陣をリードするなど、守備面で存在感を示している。森は今季FA権を獲得し、他球団への移籍も噂されている。

橋上氏は森について「今の野球では捕手に打撃力を求めないことが当然になっていますが、“打てる捕手”である森選手の商品価値はとても高いと思います。12球団を見渡しても、森選手が一番なんじゃないですかね」と評価。巨人が森を獲得する可能性については「“打てる捕手”の森選手はどの球団も喉から手が出るほど欲しいと思います。捕手に関して言えば、巨人もそれに当てはまりますね」と語った。

その一方で、橋上氏は「性格も含めて、どう調査しているかというところですね。巨人は手を出しにくいのではないかという印象があります。見た目はチャラい印象があるかもしれませんが、森選手は野球に対して真面目で、自分の考えをしっかり持っている選手です。そして、西武は森選手のそういった面をある程度認めてきました。果たして、巨人がそれを認めてくれるのか、と考えたときに、森選手の方が『ちょっと堅苦しいな』と思うような気がします」と西武時代にコーチと選手の間柄であった森のパーソナリティについて述べた。

また、橋上氏は巨人以外の移籍先について「西武に残留というのが一番可能性として低いのかなと思います。関西への愛着が強いようなので、地元の球団に移籍しても不思議ではないですね」と予想した。

森はどんな決断をするのか。今オフのストーブリーグで目玉になることは間違いない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加