『クロサギ』第6話の見どころをPが解説「見たことのない黒崎と氷柱の雰囲気が新鮮」

『クロサギ』第6話の見どころをPが解説「見たことのない黒崎と氷柱の雰囲気が新鮮」

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/11/25
No image

金曜ドラマ『クロサギ』第6話場面写真 <画像を拡大する>

King & Prince・平野紫耀が主演を務める金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が今夜放送。武田梓プロデューサーは「中国から帰ってきた黒崎が何を思って生きていくのか。そして、黒崎にとって氷柱がどういう存在になっていくのか。様々な新展開が巻き起こる第6話です」と見どころを語った。

【写真】『クロサギ』第6話 帰国した黒崎、マンション投資詐欺と対決 氷柱の同級生が被害に

本作は、詐欺によって家族を失った主人公・黒崎(平野)が“詐欺師をだます詐欺師=クロサギ”となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。原作は黒丸・夏原武による漫画「クロサギ」シリーズ。今作は、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化する。

主人公・黒崎高志郎を平野、ヒロイン・吉川氷柱を黒島結菜、そして詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫を三浦友和が演じる。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が食らいついていく。

「黒崎VS氷柱のバトルが勃発!? からの、氷柱と協力して詐欺師を追い詰める2人の共闘も見どころです」と語る武田P。「その中で黒崎と氷柱が初デート(!?)をするのですが、普通の日常会話を楽しんだり、今まで見たことないような2人の雰囲気がかなり新鮮です。そして、氷柱のダンスにもご注目ください」とアピール。

注目ポイントを尋ねると「6話は身近な詐欺、そしてあるあるネタが多い回でもあります」と明かし、「違法と分かっていても手を出してしまう大学生を狙ったバイトや、今かなり横行しているマンション投資詐欺など、プロの詐欺師じゃなくても、誰もが簡単に詐欺の片棒を担いでしまう怖さも描かれます」。

また、「黒崎と白石(山本耕史)のカフェのシーンにて。白石があるマジックを披露する場面があるのですが、それは山本耕史さんがリハーサルの前に遊びでやっていた姿を監督が見て本番でも採用された形になりました」と撮影こぼれ話を教えてくれた。

金曜ドラマ『クロサギ』第6話は、TBS系にて11月25日22時放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加