平田が得点率トップ 西スポ杯 【若松】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/16

若松ボートの「西日本スポーツ杯」は16日、準進入りを懸けた予選ラストの4日目に突入する(予選は9Rまで)。6号艇だった3日目は2着に入った平田忠則が、5戦3勝、オール3連対の安定感で得点率首位を堅守。機の手応えは着順と裏腹だが、トップ通過へ見通しは明るいとみる。平田と同様、5戦3勝の山口裕二が2位、同2勝の繁野谷圭介が3位、最後に1号艇を残す芝田浩治と、大整備が功を奏した寺田千恵が4位タイに並ぶ。ベスト24のボーダーを5・00に想定するなら、犬童千秋までの上位18人が当確。注目の勝負駆けは、2R1号艇で2着条件の勝浦真帆だ。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加