ビルの隙間で発見の遺体、他殺か 身元は暴力団幹部 大阪・ミナミ

ビルの隙間で発見の遺体、他殺か 身元は暴力団幹部 大阪・ミナミ

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/05/14
No image

"敷地内で男性が死亡しているのが見つかった雑居ビル(左)。右隣のビルとの間に倒れていたという=2022年5月13日午後3時11分、大阪市中央区東心斎橋2丁目、大滝哲彰撮影"

大阪市中央区東心斎橋2丁目の雑居ビル敷地内で13日に見つかった男性の遺体について、大阪府警は14日、司法解剖の結果、死因は頭を強く打ったことによる頭部挫滅だったと発表した。死亡したのは今月8日ごろとみられ、府警は傷の状況などから他殺の可能性があるとみて調べている。

ビルの隙間70センチで男性変死 事件事故両面で捜査 大阪・ミナミ

捜査関係者によると、死亡したのは同市天王寺区の関将孝・暴力団幹部(48)。関幹部は13日朝、飲食店などが入るビルの非常階段の下で見つかった。隣のビルとの約70センチの隙間に仰向けで倒れており、その場で死亡が確認された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加