私服の制服化でおしゃれなミニマリストに。着回しに便利なアイテムをご紹介

私服の制服化でおしゃれなミニマリストに。着回しに便利なアイテムをご紹介

  • folk
  • 更新日:2021/02/21

「私服の制服化」についてのご紹介!

ミニマリストがおしゃれの方法として取り入れている「私服の制服化」。私服の制服化とは、最小限の洋服で何パターンかコーデを作り、それをユニフォーム化してローテーションで順番に着回しすること。制服化というと、いつも同じコーデばかりでおしゃれが楽しくないのでは?と思うかもしれませんが、厳選した好きな私服をいつも着ているので、自分にとって心地が良いおしゃれができるんです。ミニマリストが目指すミニマムなおしゃれを参考に、私服を制服化させるメリットや、季節毎の制服化するのにおすすめアイテムをまとめてご紹介していきます。

私服を制服化するメリット

1.コーディネートに時間が掛からない

No image

出典:zozo.jp

私服を制服化するミニマリストな着こなしのメリットは、「今日は何を着よう?」と悩む必要がなくなること。

洋服選びに手間が掛からないので、その分の時間を他のことに使えるようになります。

私服を制服化する際におすすめなのが、基本コーデに加えて、今日はランチがあるからきれいめに、自転車に乗るからパンツにといった、予定に合わせたコーデのパターンも決めておくこと。

シーンに合わせた制服化のコーデを臨機応変に決めることができます。

2.衝動買いをしなくなる

No image

出典:zozo.jp

最小限のアイテムを着回しする私服の制服化には、衝動買いを防げるメリットも。

新しい服を買い足す際は、手持ちの私服に合うものを選ぶようになるので、気に入ったものでも手持ちの服に合わなければ買わないようになります。

こちらのコーデのパンツは、上のボーダーTシャツに合わせたパンツと同じものですが、トップスが違うとコーデの印象も全く違いますよね。

私服の制服化で、着回し上手なミニマリストなおしゃれさんを狙えますよ。

3.ミニマリストを目指せる

No image

出典:zozo.jp

最低限の洋服でコーデを作るミニマリストが実践しているおしゃれも、私服を制服化することで難なくクリア。

お気に入りの服だけコーデがで完成するので、いつも心地良いおしゃれが楽しめます。

生活スタイルや季節に合わせて、トップスやボトムスの数を決めておくのがおすすめです。

着古して1枚手放したら新しく1枚購入と決めておくと、買い替えのタイミングがわかりやすく、いつも同じ数の服を持つことで、私服の収納管理もしやすくなるというメリットもあります。

4.ストレスフリーなおしゃれが叶う

No image

出典:zozo.jp

私服はたくさんあるのに着るものがない、といった悩みはよく聞きますよね。そんな悩みの解消におすすめなのが「私服を制服化」。

制服化にするために私服を厳選していくので、買ったけど着ていない服や、以前は好きだったけれど今の自分には合わない服がわかってくるので、私服の整理にもつながります。

服をたくさん持っている満足感よりも、少ない数でも本当に好きな服を身に着けている私服の制服化は、ストレスと無駄のないおしゃれが叶うんです。

5.アレンジでおしゃれが楽しくなる

No image

出典:zozo.jp

コーデをパターン化している私服の制服化では、おしゃれのマンネリ化の回避に、小物のアレンジで変化をつけるのがおすすめです。

着回しやすいシンプルなアイテムが多い制服化したコーデは、アクセントの小物を足すだけで印象ががらりと変えられますよ。

バッグや靴を選ぶときも、すでにコーデが決まっているので、合わせたときのイメージがつかみやすいはず。

私服の数は無駄なく最低限でも、制服化でおしゃれもしっかり楽しめるんです。

6.洋服を大切に扱うようになる

No image

出典:zozo.jp

ミニマリストの私服を制服化したおしゃれの基本は、着回しやすい少数のアイテムでおしゃれを満喫すること。

しかし難点は、服の数が少ないと使用頻度が多くなってしまうので、生地が傷みやすくなってしまうことです。

そのため着用時に服が傷まないように気を付けたり、洗濯やアイロン掛けを丁寧に行ったりと、きれいな状態を保つように大切に扱うようになります。

そうすうことで私服により愛着が沸き、身に着けているときの心地よさもさらに増しますよ。

私服の制服化におすすめのアイテム《春夏》

黒のテーパードパンツパンツ

No image

出典:zozo.jp

私服を制服化には、まずはコーデの基本となるボトムスを押さえることがポイントです。

きちんとした着こなしや、カジュアルにも着回しが効く黒のテーパードパンツは、どんなシーンにも使える特にミニマリストの基本アイテムです。

黒のテーパードパンツに合うカジュアルなTシャツやスウェット、きれいめなブラウスやニットと、合うトップスを選んでいくと、私服を制服化した着回しコーデがとても作りやすくなりますよ。

ベーシックカラーのワイドパンツ

No image

出典:zozo.jp

楽に穿けるけれど下半身が重くなってしまうワイドパンツは、暗すなりすぎないネイビーを選択。

ボーダーTシャツとのカジュアルコーデや、真面目顔のコーデにも振れるネイビーは、アイテム数を絞った制服化した私服の中でも重宝するアイテムです。

合わせやすく落ち着いた印象のベーシックカラーなら、ベージュやグレーなど、自分に似合う色のワイドパンツに変えても制服化アイテムに加えてもOKです。

グレーのプリーツスカート

No image

出典:zozo.jp

私服の制服化におすすめのスカートは、フェミニンな雰囲気のプリーツスカート。

ニュアンスのあるグレーで甘さを抑えると、きちんと感のあるコーデにも合わせやすくなるうえ、きれい色にも濃色にも合うので、着回しをするのにとても便利です。

軽やか素材のプリーツスカートは、パンツとレイヤードすればシーズンレスで着回せるので、ミニマリスト向けのおしゃれにぴったりなアイテムです。

とろみ素材の上品ブラウス

No image

出典:zozo.jp

私服を制服化する上で、きちんと感のあるコーデ用に押さえておきたいのが、上品なとろみ素材のブラウス。

色は淡いニュアンスカラーや白を選んで、黒やネイビーの濃色のボトムスを女性らしい雰囲気に導きましょう。

きれいめなボウタイデザインのブラウスは、これ1枚で華やかさとトレンド感をアピールできるのでおすすめですよ。

秋冬にはカーディガンやセーターにインナーとしても使えるので便利です。

ロング丈のシャツワンピース

No image

出典:zozo.jp

着回し力抜群のシャツワンピースは、制服化する私服のラインナップに加えたい優秀アイテム。

そのままワンピースとして着るのはもちろんのこと、フロントボタンを開けてた羽織り物としても活用できるところも便利。

オールシーズン使えるとろみ素材は、寒い季節は上にセーターを羽織ってスカートとして使ったり、タートルネックに重ね着したおしゃれを楽しんだもできますよ。

トレンド感のあるロング丈がマストです。

シンプルなVネックカーディガン

No image

出典:zozo.jp

春先の羽織りものや夏の冷房対策に欠かせないカーディガンも、制服化の私服のワードロープに入れておきたいアイテムです。

シンプルなデザインで、ネックは幅広いトップスに合わせやすいVネックがおすすめ。

ベーシックカラー中心の他のアイテムに馴染む同じ色味から、コーデのアクセントにもなる鮮やかな色まで、自分のおしゃれに合う色のカーディガンを選びましょう。

[mobile][toc][/mobile]

私服の制服化におすすめのアイテム《秋冬》

黒のタートルネックセーター

No image

出典:zozo.jp

秋冬でおすすめの私服の制服化に便利なアイテムは、シーズンの必須アイテムのセーター。

まずは着ただけでこなれ見えする、ゆったりとしたタートルネックセーターを選びましょう。

どんなボトムスにも合わせしやすい黒は、ほっこりしがちなニットをシャープな印象に振るのにも有効です。

アクセサリーやバッグなどの小物もよく映えるので、アレンジを加えたおしゃれも楽しめますよ。

クルーネックのリブニット

No image

出典:zozo.jp

程よい厚みのリブニットは、1枚で着てもジャケットやコートのインナーに使ってもOKな、ミニマリストには使い勝手のいいアイテム。

手持ちの服を活かしてコーデを作る私服の制服化で、持っていると重宝すること間違いなしのアイテムです。

ネックは今っぽくキマるデコルテが開きすぎないクルーネックがおすすめ。

ベーシックなアイテムこそ、ディテールのトレンド感を意識して、シンプルでも旬なおしゃれを演出しましょう。

羽織り物にも使えるコーデュロイシャツ

No image

出典:zozo.jp

秋冬コーデらしい季節感が高まるコーデュロイ素材のシャツ。

私服の制服化に加えるなら、ジャケットとしても羽織れる大きめのサイズ感のものをチョイスし、トレンドのあるおしゃれも楽しむミニマリストになりましょう。

長めの丈なので、ベルトでウエストを絞って印象を変えても素敵ですよ。

すっきりとしたノーカラーなのでコーデュロイ素材のほっこり感が軽減され、今っぽいおしゃれが叶います。

レイヤードに便利な前後差丈の白Tシャツ

No image

出典:zozo.jp

ミニマリストの着回しコーデのベースになってくれる白Tシャツは、私服の制服化のスタメン服としても便利なアイテムです。

程よい厚みとオーバーサイズのシルエットは、そのままでもサマになるうえ、スウェットやセーターとのレイヤードにも活躍してくれます。

詰まり気味のクルーネックと前後差丈のあるデザインを押さえれば、ベーシックな中に今っぽさもしっかりアピールできます。

センタープレス入りの黒パンツ

No image

出典:zozo.jp

春夏のおすすめアイテムと同様に、秋冬の私服の制服化にも黒のきれいめパンツが便利に使えます。

ニットを合わせてもすっきりとした印象に仕上がる、センタ―プレス入りの黒パンツを選ぶのが◎。

ツヤ感のある上品なブラウスを合わせたきちんと感のある着こなしは、改まった席でも気後れせずに着られるコーデの仕上がりに。

少ない服でも振り幅が広いおしゃれが叶う、ミニマリストのおしゃれのベースになるアイテムです。

ロング丈のプリントワンピース

No image

出典:zozo.jp

とろみ素材のワンピースは、そのまま着てもおしゃれですが、着回し力も高いので私服の制服化に最適なアイテムです。

羽織り物や靴のデイストを変えるだけで印象が変わったり、レイヤードでコーデのアレンジを加えたりと、1枚で何通りものコーデが楽しめます。

大人フェミニンなモノトーンのワンピースは、私服の制服化のベーシックカラー中心のアイテムと相性がいいので、コーデの着回しが楽にできるのでおすすめですよ。

「私服の制服化」まとめ

ミニマリストが実践して広がっている、「私服の制服化」はいかがだったでしょうか?私服の制服化は着回し上手なおしゃれなので、残す私服の数を少しずつ絞っていき無理なく始めてみてはいかがでしょうか。シンプルにファッションを楽しむ私服の制服化で、ミニマリストのミニマムなおしゃれにトライしてみて下さいね。

ayame

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加