舞いあがれ!第80回・舞たち、航空機部品の試作に苦戦

舞いあがれ!第80回・舞たち、航空機部品の試作に苦戦

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2023/01/25

空を飛ぶことに憧れを抱くヒロイン・舞が、生まれ育った東大阪で「ものづくり」の喜びを実感しながら成長する姿を描く連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK朝ドラ)。第80回(1月26日放送)では、航空機部品の試作に苦戦する舞たちがある行動を起こす。

No image

ボルトの製造を試みる舞(福原遥)たち (C)NHK

「菱崎重工」の荒金(鶴見辰吾)から、航空機部品の試作を請け負ったヒロイン・舞(福原遥)たち。しかし、「IWAKURA」ではこれまで扱ったことのない硬さの金属のため、試作品をうまく製造できないでいた。そこで最古参の職人・笠巻(宮舘寛治)はある提案をする。

一方で、舞の祖母・祥子(高畑淳子)が暮らす長崎・五島列島では、役所に勤める信吾(鈴木浩介)がみんなを集め、五島に人を集めるアイデアが何かないか相談していた。そこで「釣り教室」という案が持ち上がり・・・。

本作は、空を飛ぶことに魅入られたヒロインが、飛行機への情熱を燃やす仲間たちと夢を叶えていく、挫折と再生の物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加