『極主夫道』“いい夫婦の日”玉木宏、愛する妻のためバイトはじめる

『極主夫道』“いい夫婦の日”玉木宏、愛する妻のためバイトはじめる

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2020/11/22

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中のヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が演じている。

『極主夫道』第7話では、龍が、なんとバイトをはじめる。掃除中に美久が大好きなアニメ「ネオポリスガール」のフィギュアを壊してしまったため、お金を稼いで新しいフィギュアを買おうというのだ。しかし、龍に接客なんてできるのか…?

撮影が行われたのは、ゆかり(玉城ティナ)のつとめるレトロな雰囲気たっぷりの喫茶店。龍のネームプレートもつけたカフェエプロン姿に、玉城は「やったー、お揃いだ♪」とうれしそう。

気になるバイト風景をレポート

撮影が始まると、元極道のバイト初心者の龍に。シノギ(仕事)とあって、「かしこまりました!」「いらっしゃいませ!」と、いちいち気合入りまくりの接客で、元舎弟・雅(志尊淳)の度肝をも抜き、見守るスタッフ一同の笑いを生んでいた。

No image

さて、一連のシーンの山場となるのがラテアート。心地よいコーヒーの香りが立ち込める中、監修の方の動きを注意深く見つめる龍。何度か自分でやってみたことでコツをつかんだのか、本番は見事な手さばきでラテアートを完成させていた。出来栄えのほどは、本日、11月22日(いい夫婦の日)夜10時30分から放送の『極主夫道』第7話をチェック(※放送スタート時間は、編成の都合上、変更になる可能性があります)。

また、龍と美久の夫婦の仲良しの秘訣動画も日テレ公式YouTubeチャンネルにて公開。

【関連】古川雄大、コメディ作品で新境地へ 『極主夫道』は「すべてが刺激になっています」

『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加