芥川賞受賞の台湾出身作家が炎上! 日本政府批判にガッカリ声「センスない」

芥川賞受賞の台湾出身作家が炎上! 日本政府批判にガッカリ声「センスない」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/07/20
No image

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

7月14日に発表された『第165回芥川賞』を受賞した台湾出身の作家・李琴峰氏が炎上している。

【関連】『モーニングショー』玉川徹の“煽り芸”に呆れ「感情論をぶつけてるだけ」ほか

李氏は1989年12月26日台湾生まれ。中国語を第一言語としながら、15歳より日本語を学習。2013年、台湾大学卒業後に来日し、早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程を修了すると、16年に民間企業に就職。現在は独立起業し、作家・翻訳家・通訳者として活動している。

台湾出身者が芥川賞を受賞するのは初めてとあって、世間の注目を集めた李氏だが、ここに来て、過去のツイッターの〝問題発言〟が発覚。ネット上で物議を醸している。

「問題の発言は、李氏が昨年8月に投稿した《安倍晋三さんには元気でいてほしいな。体調が原因で刑務所に入れないってことになると困る》というツイートでした(現在は削除済み)。投稿後、フォロワーから《この人の本を買う気が失せた…》とレスがつくと、李氏は《言い過ぎだったか? じゃ修正しますわ… 安倍晋三さんには元気でいてほしいな。体調が原因で自分の犯した罪が償えないと残念だから》と再投稿しています。もちろん、安倍さんが過去に何らかの罪を犯したという事実などありません。いくら政治的信条が異なるとは言え、一国の首相に対してあまりにも失礼と言わざるを得ません」(ネットニュースサイト編集者)

言い過ぎだったかな?
じゃ修正しますわ…




安倍晋三さんには元気でいてほしいな。
体調が原因で自分の犯した罪が償えないと残念だから。 https://t.co/b1gjVOOvGW
— 李琴峰|『彼岸花が咲く島』芥川賞受賞 (@Li_Kotomi)
August 28, 2020
from Twitter

李琴峰氏の“政府批判”にバッシング殺到

また、李氏は他にも《安倍首相、臨時休校措置は『断腸の思い』》というツイートをRTし、《本当に腸を断ってくれないかな #安倍やめろ》などと揶揄していたことも発覚している(現在は削除済み)。

李氏の発言に対し、ネット上では

《侮辱するツイート消し始めるし完全に逃げてるな。コロナ騒動の初期でどこの国も何をどうすれば良いのかわかっていなかった時期に、具体的な根拠もやるべき方針も示さずにただ日本政府を無能呼ばわりする酷い人》《台湾の作家さん受賞に蔡総統も喜びのツイートしてらしたのにね。政治信条は個人の自由だけど、こんなセンスないツイートする人だなんて、ガッカリだわ》《受賞以前に品性に欠ける人だと思う。こんな人の書いた小説なんて読みたくもない》《結局、ツイート消してるね。結構イキってリプに反論してたくせに、そんなんなら最初から書かなきゃいいじゃん》《危機感を覚えたのか過去ツイを片っ端から削除し返信コメも制限したらしいけどもう遅いよ。炎上商法としては非常に悪手だな》

などと、非難の声が相次いでいる。

李氏は受賞後の記者会見で「最初に好きになった日本語と忘れてしまいたい日本語を教えてください。一番好きな言葉を教えてください」と質問されると、「日本語を勉強し始めた時、『一期一会』を知っていいなと思ったが、今振り返ると陳腐かなと思う。初心ではいいと思った。きれいな言葉は4音節の和語がある」などと回答。

一方、忘れてしまいたい日本語については「忘れてしまいたい日本語…『美しいニッポン』」と回答し、文学ファンをあ然とさせている。

受賞後、李氏は《芥川賞受賞作『彼岸花が咲く島』は今増刷中で入手しづらい書店さんもあるかと思いますが、これを機にぜひ既刊もどうぞ》などとツイート。自著のPRに余念がないが、安倍前首相への失礼発言が明るみにでた以上、信頼を取り戻すのは難しいだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加